毎年、注意喚起され続ける「熱中症」 毎年、注意喚起され続ける「熱中症」

熱中症が発生する主な時期は6〜9月。救急搬送患者数は2010年から急増していて、全国レベルでは毎年4万人以上※1。気温や湿度が上がると発症しやすくなるので注意と対策が必要です。

※1 出典:消防庁「熱中症対策リーフレット」

主要20地域の熱中症による年間救急搬送人数 主要20地域の熱中症による年間救急搬送人数

こんな症状が出たら熱中症の疑いが! こんな症状が出たら熱中症の疑いが!

温度や湿度が高いところにいる時に、身体の中の水分や塩分のバランスが崩れて、体温が調節できなくなり、様々な症状を引き起こすのが熱中症です。こんな症状が出たら熱中症を疑って、すみやかに対策を取りましょう。

症状に応じて、すみやかに対策を! 症状に応じて、すみやかに対策を!

出典:消防庁「熱中症対策リーフレット」

実は“自宅での発症”が一番多い「熱中症」 実は“自宅での発症”が一番多い「熱中症」

熱中症を発症する場面といえば、野外のグラウンドなどの暑い場所が思い浮かびますが、実は「自宅」で発症する人の割合が一番多いのです。

熱中症で救急搬送された場所[平成27年6~9月]

それは外気温が高くなるにつれて、思いのほか室温が上昇していることに気づかないことが多いからです。日中に自宅にいる人は、どの年代でも注意が必要ですが、なかでも高齢者の熱中症が増加中で、2016年に救急搬送された高齢者は女性の約70%、男性の約50%以上※2。これは体温を下げるための身体の反応が弱るという高齢者の身体的特徴が大きく関係しています。

※2 出典:国立環境研究所

熱中症になりやすい!高齢者の身体的特徴 熱中症になりやすい!高齢者の身体的特徴

出典:消防庁「熱中症対策リーフレット」

重要なのは、「自宅熱中症」を予防する暑さ対策 重要なのは、「自宅熱中症」を予防する暑さ対策

自宅熱中症は、室内の気温や風通し、そして体調に注意して発症を防ぐことが大切です。熱中症の発症が多くなるのは、外の気温が28℃以上の日、太陽が一番高くなる午後1時をピークに前後2〜3時間※ですから、自宅内にいても安心せずに、しっかりと暑さ対策をとりましょう。

※出典:東京消防庁

自宅で熱中症にならないために大切なことは 自宅で熱中症にならないために大切なことは 室温の管理・風通し・水分補給 ・温度計で室温をチェックする(28℃を超えたら要注意)・クーラーを適度に使う(28℃以下で)・風のある日は窓を開けて風を通す ・室内の熱い空気を動かす ・のどが渇かなくても水分をこまめに摂る ・日中の日差しをしっかり遮る ・温度計で室温をチェックする(28℃を超えたら要注意)・クーラーを適度に使う(28℃以下で)・風のある日は窓を開けて風を通す ・室内の熱い空気を動かす ・のどが渇かなくても水分をこまめに摂る ・日中の日差しをしっかり遮る

出典:東京消防庁

「自宅の暑さ対策」をお手伝いできるYKK AP商品 「自宅の暑さ対策」をお手伝いできるYKK AP商品

夏の暑さは、室内に入り込む日差しや太陽の熱を遮ることで軽減できますし、自然の風を取り込む方法もエコな暑さ対策になります。自宅熱中症の予防には、窓とドアの対策も重要です。

外からの日差しを防ぐ 室内の風通しをよくする! 外からの日差しを防ぐ 室内の風通しをよくする!

日差しを遮る 窓辺に心地よい日陰を作ったり、窓辺の暑さを軽減できるいろいろなアイテムを上手に活用!

ナチュラルな緑のカーテンナチュラルな緑のカーテン

熱中症対策
  •  茂った葉が強い直射日光をやわらげます
  •  葉から蒸散する水分で周囲の温度を下げてくれます
  •  通り抜けた風に涼しさを感じられます
窓の上に取り付ける グリーンバー 詳しくはこちら 窓の上に取り付ける グリーンバー 詳しくはこちら

日差しを遮るオーニングやシェード 日差しを遮るオーニングやシェード

熱中症対策 熱中症対策
  •  直射日光の射し込み方をコントロールできる
  •  窓辺に日陰が作れる
  •  通り抜けた風に涼しさを感じられる
日差しをカットして快適生活 オーニングサンブレロ 詳しくはこちら 日差しをカットして快適生活 オーニングサンブレロ 詳しくはこちら

日差しを調節するブラインドやルーバー日差しを調節するブラインドやルーバー

熱中症対策
  •  直射日光の射し込み方をコントロールできます
  •  風の入り方を調節できます
  •  室内の明るさを調節できます
光と風をコントロール リモコン外付ブラインド X-BLIND 詳しくはこちら 光と風をコントロール リモコン外付ブラインド X-BLIND 詳しくはこちら

太陽熱を軽減する窓ガラス太陽熱を軽減する窓ガラス

熱中症対策 熱中症対策
  •  太陽の日射熱を大幅にカットできます
  •  冷房の効き方がよくなります
  •  家具やカーペットの退色が抑えられます
太陽熱の侵入を防ぐ Low-E複層ガラス(遮熱タイプ) 詳しくはこちら 太陽熱の侵入を防ぐ Low-E複層ガラス(遮熱タイプ) 詳しくはこちら

風の通り道をつくる 風を取り込めるタイプの窓やドアで熱気溜まりを解消!

風を取り込む外開き窓風を取り込む外開き窓

熱中症対策 熱中症対策
  •  外に開く窓で壁に沿う風を取り入れられます
風を上手に取り込む APW430ウィンドキャッチ連窓 詳しくはこちら 詳しくはこちら 風を上手に取り込む APW430ウィンドキャッチ連窓 詳しくはこちら

風を通すドア風を通すドア

熱中症対策 熱中症対策
  •  ドアを閉めたままで、外からの風を取り入れられます
  •  家全体の風通しもよくなります
  •  玄関のニオイや湿気も解消できます
ドアを閉めたまま自然の風 スマートドア ヴェナード 通風ドア 詳しくはこちら ドアを閉めたまま自然の風 スマートドア ヴェナード 通風ドア 詳しくはこちら

上記は2017年7月時点の情報です。

このページをご覧の方は、こちらのページもご覧になっています

このページの先頭へ