古代から歩んできた遥かな物語の「扉」を開く 古代から歩んできた遥かな物語の「扉」を開く Lesson No.1!

  • なんと数千年!人類と鍵・錠前の長~いお付き合い なんと数千年!人類と鍵・錠前の長~いお付き合い

    驚くことなかれ、鍵と錠前が誕生したのは古代エジプト文明でした。最古とされるエジプト錠は、紀元前2000年頃あるいは紀元前4000年頃のものなど諸説ありますが、そんな大昔からすでに現代の錠前に通じる仕組みを持っていたようです。

    さらに古代ローマ帝国時代には、鍵を差し込んで回す金属製のものが作られており、これは現代に続く「ウォード錠」のルーツと言えるものでした。

    エジプト錠とウォード錠のイラスト エジプト錠とウォード錠のイラスト 出典:
    美和ロック株式会社企画・監修、赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
    里文出版編『世界の鍵と錠』里文出版、2001年
  • 古代ギリシアの神殿には自動ドアがあった! 古代ギリシアの神殿には自動ドアがあった!

    片やドアのほうはいつ誕生したかというと、残念ながら正確な発祥についてはわかっていません。
    たとえばウクライナにある世界最古の住居は約15,000年前にマンモスの骨で作られたものですが、そこに扉があったという記録はなし。

    ただし、鍵と同様に古代文明のもとではすでにドアが存在していました。しかも、古代ギリシアの神殿には「自動ドア」もあったのです!司祭が祭壇に火を灯して呪文を唱えると、ひとりでに開くというものでした。

    天才科学者ヘロンの自動ドアのイラスト 天才科学者ヘロンの自動ドアのイラスト 出典:志村史夫監修『図解古代文明の超技術』洋泉社、2015年
  • 錠前の専門店も2000年前には営業開始 錠前の専門店も2000年前には営業開始

    古代ローマで西暦79年に起きたベスビオ火山の噴火で、一夜にして火山灰の下に埋没したボンベイの町。
    その遺跡から、錠前の専門店が発見されています。店内には様々な鍵や錠前が並べられ、奥には仕事場も・・・。
    現在の錠前店とほとんど変わらない店構えで営業していたようです。

    そうなんだ

    エンゲージリングのルーツは鍵だった!

    ヨーロッパでは、いにしえから鍵は主婦が家政の権限を与えられていることの象徴でもありました。
    たとえば古代ローマの男性は鍵を指輪状にして指にはめ、一生の伴侶とすべき女性にめぐり合うと、鍵を指から抜いて彼女の指にはめたそうです。
    これが後世のエンゲージリングのルーツであると言われています。

    指輪状の鍵のイラスト 指輪状の鍵のイラスト 出典:美和ロック株式会社企画・監修、
    赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
  • セキュリティだけじゃない!鍵は信頼と名誉のシンボルへ セキュリティだけじゃない!鍵は信頼と名誉のシンボルへ

    古代ローマでウォード錠のルーツとなる錠前が生まれて以来、近代まで十数世紀にもわたり、そこから脱却した新しい方式に発展することはできませんでした。
    それだけこの方式は錠前の発展の過程において革命的な前進だったのです。
    その一方で、鍵は信頼と名誉の証にもなっていきます。
    近世のロシア帝国やヨーロッパ全域で、王侯貴族の侍従や名家の執事に鍵を渡すことは、その人に大きな権限が与えられたことを意味したのでした。

    鍵は主婦が持つ家政の権限の象徴でもありました。ドイツの古い銅版画などにも鍵束を腰に付けた婦人がよく描かれています。 鍵は主婦が持つ家政の権限の象徴でもありました。ドイツの古い銅版画などにも鍵束を腰に付けた婦人がよく描かれています。 出典:
    美和ロック株式会社企画・監修、赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年

遅ればせながら日本にも鍵とドアが登場 遅ればせながら日本にも鍵とドアが登場 Lesson No.2!

  • 弥生人が愛用した木製のドア 弥生人が愛用した木製のドア

    さて、日本におけるドアの歴史はというと、弥生時代(紀元前1000年頃~西暦350年頃)の農耕村落遺跡である伊豆山木遺跡から木製の扉が出土されています。
    世界からは遅れをとりましたが、日本でも紀元前からドアは使われていたようです。

    伊豆山木遺跡の扉 伊豆山木遺跡の扉 出典:後藤守一編『伊豆 山木遺跡 - 弥生時代木製品の研究』築地書館
  • 日本初の錠前は飛鳥時代に登場 日本初の錠前は飛鳥時代に登場

    そして、錠前が日本に初めてお目見えしたのは飛鳥時代の7世紀中頃。
    大阪府羽曳野市にある野々上遺跡で出土された錠前がそれで、海老のような形をしていることから「海老錠」と呼ばれます。残念ながら真っ赤に錆び付いていて、すでに操作はできません。操作できる最古の錠前は東大寺の正倉院に納められており、そちらは8世紀頃のものと見られています。

    海老錠 海老錠 出典:里文出版編『世界の鍵と錠』里文出版、2001年
  • 江戸時代にようやく錠前が普及 江戸時代にようやく錠前が普及

    飛鳥時代から10世紀近く大きな変化がなかった日本の錠前ですが、江戸時代には専門の職人の手で製作が始められました。
    ただし、錠前を必要とする階層は限られ、需要はごく少ないものでした。
    庶民の長屋は露地が袋小路で地域のセキュリティレベルは意外と高く、家の戸に鍵をかける必要はなかったのかもしれません。

    江戸時代は鍵を差し込んで回すウォード錠が主流。土佐錠(左の写真)、京錠といった製造地の名前を取り、それぞれの特徴を持つ錠前が作られました。 江戸時代は鍵を差し込んで回すウォード錠が主流。土佐錠(左の写真)、京錠といった製造地の名前を取り、それぞれの特徴を持つ錠前が作られました。 出典: 赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
    里文出版編『世界の鍵と錠』里文出版、2001年
    そうなんだ

    ユニークな細工を施したからくり錠

    江戸時代の錠前は鍵の違いがあまりなく、鍵穴も大きいため合鍵で開けられやすいという欠点がありました。
    それを補完するように、様々なからくりを組み込んだ錠前が見られます。
    たとえば鍵穴が複数あり、鍵を入れる順番を間違えると解錠しないものなどです。

    方々のパーツを動かしてやっと鍵穴が現れるなど、様々な工夫が凝らされたからくり錠 方々のパーツを動かしてやっと鍵穴が現れるなど、様々な工夫が凝らされたからくり錠 出典:赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
    里文出版編『世界の鍵と錠』里文出版、2001年
  • 洋風建築の増加とともにドアと錠前も普及 洋風建築の増加とともにドアと錠前も普及

    明治後期から大正時代に差し掛かる頃には、官庁、銀行、デパート、病院などを中心に洋風の建築が増えてドアも引戸から開き戸に変化。それに伴い、西洋風の錠前も需要が高まっていきました。
    さらに昭和に入ると、それまで輸入に頼っていたシリンダー錠の開発が国内で進みます。
    しかし、第二次世界大戦に突入すると金物メーカーは軍需産業への転換を余儀なくされ、その発展は足止めされました。

    大正3年、白磁のノブ(握り玉)と鋳物製の錠本体を持つケースロック(箱錠)で構成される「白玉錠」が誕生。これが錠前の国産第1号とされています。 大正3年、白磁のノブ(握り玉)と鋳物製の錠本体を持つケースロック(箱錠)で構成される「白玉錠」が誕生。これが錠前の国産第1号とされています。 出典:
    美和ロック株式会社企画・監修、赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年

戦後、錠前は庶民の「当たり前」となり、さらに目覚ましく進化 戦後、錠前は庶民の「当たり前」となり、さらに目覚ましく進化 Lesson No.3!

  • 高度経済成長期、円筒錠がたちまち普及 高度経済成長期、円筒錠がたちまち普及

    日本の庶民の暮らしに鍵や洋風の開き戸が一気に広がったのは、急ピッチで都市開発が進んだ昭和30年代からの高度経済成長期。
    近代的な生活スタイルを追求した建物が増える中、簡単にドアに取り付けられる円筒錠(シリンドリカルロック)がたちまち普及したのでした。

    円筒錠 円筒錠 出典:美和ロック株式会社企画・監修、
    赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
  • 生活クオリティとともに防犯性やデザイン性もアップ 生活クオリティとともに防犯性やデザイン性もアップ

    昭和30年代以降、団地の数が急増していくと、より質の高い住まいが求められ、防犯性の高い鍵とドアが必要とされました。
    玄関ドアの内側に箱状のケース(錠箱)を取り付け、こじ開けを防ぐサムターン付シリンダー面付箱錠などがその一例です。
    昭和40年後半には、レバーハンドルもノブも好きなデザインのものを選べるシリンダーケースロックという錠がもてはやされます。豊かな時代の象徴ですね。

    サムターン付シリンダー面付箱錠 サムターン付シリンダー面付箱錠 出典:美和ロック株式会社企画・監修、
    赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
  • 鍵とドアよ、いったいどこへ行く? 鍵とドアよ、いったいどこへ行く?

    高度成長期の後半から、キーシステムは目覚しい進化を遂げ、電気錠、磁気カードなどのカード式、暗証番号を入力するテンキー方式など、便利でよりセキュリティの高い仕組みがどんどん登場していきます。
    一方、ドアのほうも優れた断熱性や通風機構など快適生活を支える高度な機能を持つものへと進化していったのです。
    さらにごく最近では、インターネットに家電などさまざまなモノをつないで暮らしをより便利にするIoT(Internet of Things)が注目されていますが、それにより鍵やドアにもまた新たな革命が起こるかもしれません。

    キーを差し込むドアとリモコン式ドアのイラスト キーを差し込むドアとリモコン式ドアのイラスト

    出典
    ※1 美和ロック株式会社企画・監修、赤松征夫『鍵と錠の世界』彰国社、1995年
    ※2 里文出版編『世界の鍵と錠』里文出版、2001年
    ※3 志村史夫監修『図解古代文明の超技術』洋泉社、2015年
    ※4 山田幸一監修、高橋康夫著『建具のはなし』鹿島出版会、1985年
    ※5 BOB WILCOX『DOORS 世界のドアをめぐる旅』グラフィック社、2016年

お住いの玄関ドアにも大きな進化を!オフィスをはじめ銀行や商業施設の通用口ではカード式やテンキー式などのキーシステムが見られますが、実は大きく進化したキーシステムのドアをお住まいにも取り付けられることをご存じでしょうか? お住いの玄関ドアにも大きな進化を!オフィスをはじめ銀行や商業施設の通用口ではカード式やテンキー式などのキーシステムが見られますが、実は大きく進化したキーシステムのドアをお住まいにも取り付けられることをご存じでしょうか?

YKK APの新世代ドアキーシステム スマートコントロールキー カードやシールをハンドルに近づけるだけで施解錠できる「ピタットKey」とカードやシールに加えてリモコンでも施解錠できる「ポケットKey」の2つのキーシステムをご用意。新世代のキーシステムです。 YKK APの新世代ドアキーシステム スマートコントロールキー カードやシールをハンドルに近づけるだけで施解錠できる「ピタットKey」とカードやシールに加えてリモコンでも施解錠できる「ポケットKey」の2つのキーシステムをご用意。新世代のキーシステムです。

  • カギを出さずにボタン1つで開け閉め カギを出さずにボタン1つで開け閉め

    ポケットKey ポケットKey

    リモコンをポケットやカバンの中に入れておけば、ドアハンドルのボタンを押すだけでカギを開け閉めできます。
    操作可能範囲は、約20~80cmです。
    (設置環境により変動します。)

    リモコンをバッグに入れたまま玄関ドアの解錠を行っている写真
    アニメーションで見る
  • 離れた場所からでも開け閉め 離れた場所からでも開け閉め

    ポケットKey ポケットKey

    リモコン操作でカギを開け閉めできます。
    操作可能範囲は、室外側約3m以内です。
    (設置環境により変動します。)

    リモコンで玄関ドアの解錠を行っている写真
    アニメーションで見る
  • 財布やカードケースにカードキーをスマートに携帯 財布やカードケースにカードキーをスマートに携帯

    ポケットKey ポケットKey ピタットKey ピタットKey

    ポケットの中でカギがかさばる不快さがありません。

    カードキーが財布に入っている写真とカードキーで玄関ドアの解錠を行っている写真
    アニメーションで見る
  • スマホなどにシールキーを貼ってカギ代わりに スマホなどにシールキーを貼ってカギ代わりに

    ポケットKey ポケットKey ピタットKey ピタットKey

    貼るだけでお気に入りの小物がカギに早変わりします。

    シールキーをスマホなどに貼っている写真とシールキーで玄関ドアの解錠を行っている写真
  • 見えないカギ穴でピッキングも抑止 見えないカギ穴でピッキングも抑止

    ポケットKey ポケットKey ピタットKey ピタットKey

    カギ穴が見えないので
    ピッキングの対象になりにくくなります。

    ドアノブについているボタンで玄関ドアの解錠を行っている写真 ドアノブについているボタンで玄関ドアの解錠を行っている写真
  • ワンアクションで2つのカギをしっかり施解錠 ワンアクションで2つのカギをしっかり施解錠

    ポケットKey ポケットKey ピタットKey ピタットKey

    外出時、2つのカギをそれぞれ開け閉めするような
    手間はいりません。

    玄関ドアのロック部分の写真 玄関ドアのロック部分の写真

YKK APのスマートコントロールキー搭載可能なドアのご紹介 YKK APのスマートコントロールキー搭載可能なドアのご紹介

  • スマートドア ヴェナート
    スマートドア ヴェナート

    スマートドア
    ヴェナート

    細部までこだわりぬいた重厚なドアからモダンなドアまで、豊富なデザインがそろった玄関ドア「ヴェナート」。
    カギを見せない高い防犯性と便利な機能を両立し、毎日のカギの開け閉めを、安心・快適にします。

  • イノベスト
    イノベスト

    イノベスト

    断熱性、意匠性、使い心地、すべてにおいてハイクオリティをめざして誕生した高断熱玄関ドア イノベスト。上質素材にこだわり最上クラスの断熱性を誇るD70、豊富なデザイン・バリエーションのD50の2タイプをご用意しています。

  • コンコード
    コンコード

    コンコード

    スライディングドアを、もっと身近に、もっと快適に。
    「Natural & Comfort」をコンセプトに、デザイン・カラーや機能が大きく進化。
    あなたの毎日をより快適に、より美しく彩ります。

  • かんたんドアリモ
    かんたんドアリモ

    かんたん
    ドアリモ

    かんたん ドアリモは、今あるドアや引戸の枠に新しい枠をかぶせるだけでかんたん
    に取替できる、新しいリフォームのカタチ。
    既存の壁を壊さずにリフォームできるから、省コストでスピーディな工事を実現。

上記は2017年11月時点の情報です。

このページをご覧の方は、こちらのページもご覧になっています

このページの先頭へ