エクステリア スタイル フォトコンテスト

過去受賞作品紹介

  • 第3回グランプリ
  • 門・車庫まわり部門
  • 窓・庭まわり部門
  • エクステリアリフォーム部門
  • プロモーションデザイン部門
  • ファミリー部門
ファミリー部門
受賞者様名 株式会社 庭衆 様
住所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-28-1
電話番号 03-6304-2528
主なご採用商品名 エフルージュ ツイン
コメント 今回、新築の外構を考える上で、駐車場の隣にリビングダイニングから繋がるタイルテラスを予定していました。
庭衆デザイナーの須田さんとお話してゆく上で梁延長の「エフルージュ ツイン」を採用して梁にターフを掛け、日よけとして利用してはとアイデアが出ました。
梁があることで空間認知しやすくなるそうで、”空の見えるお部屋をもう一つ作りましょう”というところからエクステリアも含めデザインしてもらいました。
室内から見える風景もカーポートがズバリ見えるのではなく、梁がパーゴラのように見えるので違和感なくとても気に入っています。
ガーデニングやお友達とお茶をしたりとテラスで過ごす時間が増えました。
今はお子様が安全に遊べるプールガーデンになっています。
毎日、家族全員で楽しく過ごすプライベート空間になりました。
受賞者様名 株式会社 橘 様
住所 〒779-0312 徳島県鳴門市大麻町東馬詰字南開98-1
電話番号 088-698-8589
主なご採用商品名 リレーリア/テラス囲い/サンフィールIII/ガーデン倶楽部 スタンダードフェンス
コメント 子供たちも大きくなり 家で過ごす時間も少なくなり 淋しい日々になりつつあった我が家の潤滑油となってくれた <機能性><デザイン性>を兼ね備えた 夢のエクステリアです。
愛犬リンも 毎日大喜びで走り廻っています。
家族とリンが庭を通して得られる ひとときの団欒に 幸せが感じられます。
本当に ありがとうございました。
受賞者様名 渡辺硝子 株式会社 様
住所 〒514-0806 三重県津市上弁財町13-24
電話番号 059-227-7471
主なご採用商品名 リウッドデッキ 200
コメント 床板と床板のすき間がない、きれいですっきりした仕上がりをすすめられ、今回「リウッドデッキ 200」を採用しました。
広いデッキに屋根がありませんが、リビング・ダイニングがもう一部屋増えたようで、子供たちも内と外をグルグル走り回って遊びます。
玄関を入った正面に見えるシンボルツリーのヤマボウシが中心に、デッキ材でテーブルを造作していただいたり、よそにない職人技が光る我が家だけのウッドデッキ。とても気に入っています。
受賞者様名 株式会社 グリーンワールド 様
住所 〒299-4113 千葉県茂原市法目1244-1
電話番号 0475-34-4666
主なご採用商品名 リレーリア/アクセントポール/カスタマイズパーツ
コメント 二人の共通の趣味であるサーフィンを通して知り合った友人がたくさんいます。海の帰りに皆で集まってバーベキューなどを楽しみたくて、駐車場を広くとり、大事にしているバイクもガレージへの出し入れが楽なようにスロープを作りました。当初は、あまり手をかけずに綺麗な状態が保てればいいと考えていただけでしたが、飽きのこないシンプルな白壁に、ヤシの木や木目調のルーバーフェンス・ポールが良いアクセントになり、南国風の明るく風通しの良いエクステリアに仕上がりました。友人たちからの評判も上々で、とても満足しています。
受賞者様名 株式会社 庭衆 様
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-28-1
電話番号 03-6304-2528
主なご採用商品名 リレーリア
コメント 家を新築して1年が経過していましたが、せっかくの広い庭は雑草と格闘するばかりで子供達とゆっくり遊ぶこともできませんでした・・・。
リビングや庭から見えてしまう隣地の庭先を細身のウッドフェンスで程よく目隠ししてもらい、オリジナルのウッドベンチや「リレーリア パーゴラ」の日よけで、屋外だけでなく室内も涼しく過ごせるようになりました。
ベンチの前には手入れができる範囲で天然の芝を張り、その周囲は雑草対策として人工芝が張られていて、お庭の手入れを極端に減らすことができました。
お陰さまで休日は子供達とお庭で過ごす時間が増えました。
受賞者様名 有限会社 小幡建材 様
住所 〒936-0872 富山県滑川市二塚1056番地
電話番号 076-477-2777
主なご採用商品名 サンフィールIII/リウッドデッキ 200/リレーリア
コメント 『眞子ちゃん、こっちだよ!』おばあちゃんが呼んでいます。
子供と孫との3世代でくつろげる開放的な空間を創造していただきこれからが楽しみです。
「サンフィール」内の屋根、床には断熱材を入れてもらい冬も暖かく過ごせそうです。
よちよち歩きの孫娘には目が離せず、細かい隙間に足指が入らないよう目地カバー材も付けてもらい安心しています。

pagetop