エクステリア スタイル フォトコンテスト

2014年 第4回 受賞作品紹介

  • 第4回グランプリ
  • 門・車庫まわり部門
  • 窓・庭まわり部門
  • エクステリアリフォーム部門
  • プロモーションデザイン部門
  • ファミリー部門

受賞者様名 株式会社 neutral(ニュートラル) 様
住所 〒458-0922 愛知県名古屋市緑区桶狭間切戸1201
電話番号 052-613-9460
主なご採用商品名 リレーリア
コメント 平屋建てのスクエアなモダン住宅に対して、「リレーリア」を中心にエクステリアを構成しました。建築の美しさを壊さないよう、全体の高さを抑え、シンプルな「リレーリア カーポート」と機能門柱を配置しています。ディテールにこだわった花壇、玄関前のマットパネル1型の存在感、また植栽を必要最小限とすることで、建築物全体としての美しさを際立たせることができた思います。
審査委員@の評価 建築を魅了するファサードデザインの完成度の高さが際立ち今回のグランプリとなりました。花壇の天端ディテールや境界までこだわり、完成されたハード面はデザイナーの思考がしっかり伝わってくるようです。リレーリアを採用した玄関前に設けた限定された空間にそっと安らぐ坪庭でソフト感を補っているようにも思えます。全体的な印象は、ハードが強く色彩の寂しさと植栽演出による優しさが物足りませんでしたが、総合的な完成度が評価に値します。
審査委員Aの評価 建物との調和を重視した素晴らしい外構デザインです。次の3つのポイントを高く評価致しました。第一のポイントは、建物を念頭に置いたスペース配分と外構レイアウトです。高さを抑え建物のアウトラインを合わせたシンプルフレーム、そしてフロントオープンスペースの大胆な配置。また、道路側にカーポートの開口を取らないことで上質なファサードを創出しています。第2のポイントは、テクスチャーの変化を楽しめるコンポジションデザインです。建物外壁の素材と「リレーリア」のマットパネル、金属質のカーポート、石張りの塀、黒系のアプローチ等、変化を付けながらもシンプルな一体感に仕上げられています。第3のポイントは、ラインを整理したディテールのコンセプトです。建物の水平ラインに対し高さを合わせ唯一垂直ラインがアイストップとなる「リレーリア」のマットパネル、エッジレスの外構塀と足下の水平ラインを強調する花壇笠木等、全体のシルエットを際立たせています。「シンプル」をデザインコンセプトとしてあえてデコレーションの付加デザインを排除した勇気に拍手です。
審査委員Bの評価 本来シンプルな物ほど体現するのが難しいものですが、本作は非常にシンプルでありながら高いデザイン性と機能性を兼ね備えた素晴らしい作品です。建物の美しさを引き出す控えめなデザインでありながら、スタイリッシュな表札や玄関周りも見事です。必要最低限に抑えられた植栽で有りながら、玄関周りの大事なところで、植物がデザイン性において決定的な役割を果たしています。また昼だけでなく夜でも高いデザイン性を兼ね備えています。

pagetop