YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業

木造住宅の劣化対策とは

住まいを長持ちさせるためのリフォームも補助金の対象

開口部の断熱改修と合せて、木造住宅の劣化を防ぐ工事を行うことで、追加の補助金がもらえます。

「開口部の断熱改修」「外壁、屋根・天井または床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置」のいずれかと併せて行う工事であることが条件です。

小屋裏換気口設置

(2箇所以上設置するものに限る)

工事箇所数にかかわらず1戸あたり  8,000

小屋裏点検口設置

工事箇所数にかかわらず1戸あたり  3,000

浴室のユニットバス設置

工事箇所数にかかわらず1戸あたり 30,000

脱衣室の耐水性仕上げ

工事箇所数にかかわらず1戸あたり  8,000

外壁の軸組等及び
土台の防腐防蟻措置

工事箇所数にかかわらず1戸あたり 20,000

土間コンクリート打設

工事箇所数にかかわらず1戸あたり120,000

床下点検口設置

工事箇所数にかかわらず1戸あたり  3,000

エコリフォームの補助額について

エコリフォームの補助額は、下記 A+B+C+D+E+F+H=300,000円を限度額とします。

  • A開口部の断熱改修A のみでも申請可)

  • B外壁、屋根・天井または床の断熱改修B のみでも申請可)

  • C設備エコ改修C のみでも申請可)

  • DACのいずれかに併せて、バリアフリー改修を行う場合に加算される金額

  • EACのいずれかに併せて、エコ住宅設備の設置を行う場合に加算される金額

  • FACのいずれかに併せて、木造住宅の劣化対策を行う場合に加算される金額

  • G耐震改修工事はポイントが別途150,000円加算されます。AHの限度額450,000円)

  • HAGに対して、リフォーム瑕疵保険に加入する場合に加算される金額

※エコリフォーム後の住宅が耐震性を有していることが条件です。

※エコリフォームの場合、補助の対象になるのは、ACのいずれかの工事を行い、当該工事に係る補助額の合計が50,000円以上であるものに限ります。

制度の内容は変更される場合があります。最新情報は、住宅ストック循環支援事業事務局ホームページを参照してください。

MADOショップ あなたの家に最適の節電プランをご提案。窓リフォームの店

pagetop