YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業

エコ住宅設備の設置とは

住まいの省エネ化で補助金を獲得

省エネや節水につながる設備を導入することで、追加の補助金がもらえます。

下記1~5の設備のうち、
3種類以上を設置する場合
「設備エコ改修」と見なされ、単独でも申請可能です。
3種類未満を設置する場合
「開口部の断熱改修」または「外壁、屋根・天井または床の断熱改修」と併せて行うことで補助金を獲得できます。

  • 1. 太陽熱利用システムの設置

    設置台数にかかわらず1戸あたり
    24,000

    太陽の熱エネルギーを、熱のまま利用して、お風呂やお台所の給湯などに利用するシステム。

    ※太陽光発電設備は対象となりません。

  • 2. 節水型トイレの設置

    設置台数にかかわらず1戸あたり
    24,000

    少ない水量で洗浄できる便器。

  • 3. 高断熱浴槽の設置

    設置台数にかかわらず1戸あたり
    24,000

    浴槽まわりを断熱する等断熱性能を向上させるための工夫がされている浴槽。

  • 4. 高効率給湯器

    設置台数にかかわらず1戸あたり
    24,000

    エネルギーの消費効率に優れた給湯機。

  • 5. 節湯水栓

    設置台数にかかわらず1戸あたり
    3,000

    無駄な湯水を減らせる水栓。

※住宅ストック循環支援事業事務局に登録された製品のみが対象です。

エコリフォームの補助額について

エコリフォームの補助額は、下記 A+B+C+D+E+F+H=300,000円を限度額とします。

  • A開口部の断熱改修A のみでも申請可)

  • B外壁、屋根・天井または床の断熱改修B のみでも申請可)

  • C設備エコ改修C のみでも申請可)

  • DACのいずれかに併せて、バリアフリー改修を行う場合に加算される金額

  • EACのいずれかに併せて、エコ住宅設備の設置を行う場合に加算される金額

  • FACのいずれかに併せて、木造住宅の劣化対策を行う場合に加算される金額

  • G耐震改修工事はポイントが別途150,000円加算されます。AHの限度額450,000円)

  • HAGに対して、リフォーム瑕疵保険に加入する場合に加算される金額

※エコリフォーム後の住宅が耐震性を有していることが条件です。

※エコリフォームの場合、補助の対象になるのは、ACのいずれかの工事を行い、当該工事に係る補助額の合計が50,000円以上であるものに限ります。

制度の内容は変更される場合があります。最新情報は、住宅ストック循環支援事業事務局ホームページを参照してください。

MADOショップ あなたの家に最適の節電プランをご提案。窓リフォームの店

pagetop