YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業

耐震改修とは

住まいの地震対策で補助金を大きく加算

窓開口部の断熱改修と合せて耐震改修を行うことで、追加の補助金がもらえます。

「開口部の断熱改修」「外壁、屋根・天井または床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置」のいずれかと併せて行う工事であることが条件です。

補助額

1戸あたり150,000

※耐震改修による補助金は、エコリフォームの上限30万円に別途加算となり、最大合計45万円の獲得が可能です。

耐震改修工事とは

耐震性を有しない住宅を現行の耐震基準に適合させる工事のことを言います。

  • 【現行の耐震基準】
  • ①建築基準法施行令第3章および第5章の4に規定する基準
  • ②耐震改修促進法に基づく「自身に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして国土交通大臣が定める基準」(平成18年国土交通省告示第185号)
おすすめ製品

耐震補強フレーム
FRAME+
(フレームプラス)

窓を活かしながら、
住まいを耐震補強!

窓などの開口部は、耐震上の弱点。だからといって、耐震リフォームで窓を小さくしてしまうのはとても残念なことです。「フレームプラス」は、大切な窓をそのままに、地震から家族を守ります。

エコリフォームの補助額について

エコリフォームの補助額は、下記 A+B+C+D+E+F+H=300,000円を限度額とします。

  • A開口部の断熱改修A のみでも申請可)

  • B外壁、屋根・天井または床の断熱改修B のみでも申請可)

  • C設備エコ改修C のみでも申請可)

  • DACのいずれかに併せて、バリアフリー改修を行う場合に加算される金額

  • EACのいずれかに併せて、エコ住宅設備の設置を行う場合に加算される金額

  • FACのいずれかに併せて、木造住宅の劣化対策を行う場合に加算される金額

  • G耐震改修工事はポイントが別途150,000円加算されます。AHの限度額450,000円)

  • HAGに対して、リフォーム瑕疵保険に加入する場合に加算される金額

※エコリフォーム後の住宅が耐震性を有していることが条件です。

※エコリフォームの場合、補助の対象になるのは、ACのいずれかの工事を行い、当該工事に係る補助額の合計が50,000円以上であるものに限ります。

制度の内容は変更される場合があります。最新情報は、住宅ストック循環支援事業事務局ホームページを参照してください。

MADOショップ あなたの家に最適の節電プランをご提案。窓リフォームの店

pagetop