YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業

制度の概要

補助の対象は、エコリフォームやエコ住宅への建て替えなど

住宅ストック循環支援事業は、耐震性が確保された省エネ改修、一定の省エネ性能を有する住宅への建替え、またインスペクションを実施し既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得に対して、国がその費用の一部について支援する補助制度です。

エコリフォーム

エコリフォームについて詳しくはこちら

■補助対象

下記のACいずれかのリフォーム工事が補助の対象です。
ACいずれかにあわせて、DHを行うことで補助金が加算されます。

ACEは住宅ストック循環支援事業事務局に登録された製品のみが対象です。

●エコリフォーム後の住宅が耐震性を有することが条件です。

●エコリフォームの場合、補助の対象になるのは、ACのいずれかの工事を行い、当該工事に係る補助額の合計が50,000円以上であるものに限ります。

いずれか必須

A開口部の断熱改修> 詳しくはこちら

内窓をつける

既存窓の内側に、新たに窓を設置。

窓を交換する

既存窓を取り除き、新たな窓に交換。

ガラスを交換する

既存窓を利用して、ガラスを複層ガラスに交換。

ドアを交換する

既存ドアを取り除き、新たなドアに交換。

B外壁、屋根・天井または床の断熱材の施工

C設備エコ改修(エコ住宅設備3種類以上)> 詳しくはこちら

+

さらに加算

DHは単独では申請できません。

↓

補助額
工事内容に応じ限度額30万円

※耐震改修工事を行う場合は限度額45万円

■対象期間

事業者登録期間*1 平成28年11月1日平成29年3月31日(受付は終了しました)
対象工事期間 工事着手(請負契約) 平成28年10月11日事業者登録を行った日いずれか遅い日以降
工事完了 上記の工事着手日~遅くとも平成29年12月31日
交付申請受付期間 第二回:平成29年5月1日平成29年6月30日
第三回:平成29年8月1日平成29年9月7日
※予算が無くなり次第、終了となります。
完了報告の期限 遅くとも平成29年12月31日まで

*1 事業者登録を行った事業者が、交付申請、完了報告等の手続きを行う必要があります。

■申請方法

住宅ストック循環支援事業事務局ホームページをご覧ください。

良質な既存住宅の購入

良質な既存住宅の購入について詳しくはこちら

■補助対象

下記のABいずれかに該当するものが対象です。

いずれか必須

Aインスペクション(既存住宅売買瑕疵保険に加入する)の実施

B上記「エコリフォーム」に定める工事等

※次の①及び②を満たすことが条件です。
① 平成28年10月11日において40歳未満の者が、既存住宅を自己居住用の住宅として購入すること。
② ①の売買に際し建築士によるインスペクションが実施され、既存住宅売買瑕疵保険が付保されるものであること。

↓

補助額
限度額50万円

※耐震改修工事を行う場合は限度額65万円

■対象期間

①個人間売買
事業者登録期間*1 平成28年11月1日平成29年3月31日(受付は終了しました)
住宅の引渡し 平成28年10月11日事業者登録を行った日いずれか遅い日
~遅くとも平成29年12月31日
交付申請受付期間 第二回:平成29年5月1日平成29年6月30日
第三回:平成29年8月1日平成29年9月7日
※予算が無くなり次第、終了となります。
完了報告の期限 遅くとも平成29年12月31日まで

*1 事業者登録を行った事業者が、交付申請、完了報告等の手続きを行う必要があります。

②買取再販
事業者登録期間*1 平成28年11月1日平成29年3月31日(受付は終了しました)
リフォームの着手 平成28年10月11日事業者登録を行った日いずれか遅い日以降
売買契約 平成28年10月11日~遅くとも平成29年9月7日
事業登録 平成28年12月12日平成29年3月31日(受付は終了しました)
住宅の引き渡し 上記の事業登録日~遅くとも平成29年12月31日
交付申請受付期間 第二回:平成29年5月1日平成29年6月30日
第三回:平成29年8月1日平成29年9月7日
※予算が無くなり次第、終了となります。
完了報告の期限 遅くとも平成29年9月7日まで

*1 事業者登録を行った事業者が、交付申請、完了報告等の手続きを行う必要があります。

■申請方法

住宅ストック循環支援事業事務局ホームページをご覧ください。

エコ住宅への建替え

エコ住宅への建替えについて詳しくはこちら

■補助対象

建替え後の住宅が、下記のADいずれかに該当するものが対象です。

いずれか必須
非木造住宅

A一次エネルギー消費量等級5の性能を有する住宅

Bトップランナー基準に適合する一戸建て住宅等

木造住宅

C断熱等性能等級4の性能を有する住宅

D一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅

↓

補助額
30~50万円

■対象期間

①注文
事業者登録期間*1 平成28年11月1日平成29年3月31日(受付は終了しました)
対象工事期間 建築工事着手 平成28年10月11日事業者登録を行った日いずれか遅い日以降
建築工事完了 上記の工事着手日~遅くとも平成29年12月31日
交付申請受付期間 平成29年1月18日~遅くとも平成29年6月30日
解体・滅失登記 平成27年10月12日~遅くとも平成29年12月31日まで*2
完了報告の期限 遅くとも平成29年12月31日まで

*1 事業者登録を行った事業者が、交付申請、完了報告等の手続きを行う必要があります。

*2 解体工事の請負契約は交付申請期限まで

②分譲
事業者登録期間*1 平成28年11月1日平成29年3月31日(受付は終了しました)
対象工事期間 建築工事着手 平成28年10月11日事業者登録を行った日いずれか遅い日以降
建築工事完了 上記の建築工事着手日~遅くとも平成29年12月31日
事業登録 平成28年12月12日平成29年3月31日(受付は終了しました)
交付申請受付期間 第二回:平成29年5月1日平成29年6月30日
第三回:平成29年8月1日平成29年9月7日
※予算が無くなり次第、終了となります。
解体・滅失登記 平成27年10月12日~遅くとも平成29年12月31日まで*2
完了報告の期限 遅くとも平成29年12月31日まで

*1 事業者登録を行った事業者が、交付申請、完了報告等の手続きを行う必要があります。

*2 解体工事の請負契約は交付申請期限まで

■申請方法

住宅ストック循環支援事業事務局ホームページをご覧ください。

制度の内容は変更される場合があります。最新情報は、住宅ストック循環支援事業事務局ホームページを参照してください。

MADOショップ あなたの家に最適の節電プランをご提案。窓リフォームの店

pagetop