YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業

エコ住宅への建替えとは

補助金をもらって新築に建替え

耐震性を有しない住宅等※1(平成27年10月12日以降に除却したものに限る)から建替えて、自己居住用の住宅※2として、下記ADのいずれかに該当するエコ住宅を新築することで、補助金がもらえます。

※1『耐震性を有しない住宅等』とは、次のいずれかをいう。
a.旧耐震基準(昭和56年5月31日以前に施行されていた基準をいう。)により建築された住宅
b.平成23年以降に発生した災害で被災した住宅であって、災害対策基本法に基づき、市町村長により罹災証明書が発行された住宅のうち、被害の程度が全壊とされた住宅、または、被害の程度が大規模半壊若しくは半壊とされた住宅であって、公費により解体されたことを証明する書類が地方公共団体より発行されたもの(なお、これらの住宅については除却時期の制限を適用しない。)。

※2 分譲住宅については、分譲事業者が、耐震性を有しない住宅を除却(滅失登記するものに限る。)し、エコ住宅を建築するものであって、かつ、自己居住用の住宅として譲渡されるものに限り補助対象とする。

■補助対象

建替え後の住宅が、下記ADのいずれかに該当するもの

非木造住宅

A一次エネルギー消費量等級5の性能を有する住宅

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成 11 年法律第81号。以下、「品確法」)に基づく日本住宅性能表示基準(平成13年国土交通省告示第1346号)で定める一次エネルギー消費量等級5の性能を有する住宅。

Bトップランナー基準に適合する一戸建て住宅等

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(昭和54年法律第49号。以下、「省エネ法」という。)に基づく特定住宅に必要とされる性能の向上に関する住宅事業建築主の判断の基準(以下、「トップランナー基準」)(平成21年経済産業省・国土交通省告示第2号)に適合する住宅。

木造住宅

非木造住宅の性能又は次のいずれかに該当する木造住宅(確認済証、建築工事届等において、主たる建築物の構造が「木造」と記載されている住宅をいう。)。

C断熱等性能等級4の性能を有する住宅

品確法に基づく日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4の性能を有する住宅。

D一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅

品確法に基づく日本住宅性能表示基準で定める一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅。

補助額

1戸あたり300,000

ただし、住宅の構造に応じて定める以下の住宅のいずれかに該当する場合は 10 万円又は 20 万円を加算する。

100,000円加算

a) 認定長期優良住宅※1

b) 非木造:BEI値※2が0.85以下の住宅
木 造:BEI値※2が0.9以下の住宅

200,000円加算

a) 非木造:BEI値※2が0.85以下である認定長期優良住宅※1
木 造:BEI値※2が0.9以下である認定長期優良住宅※1

b) 非木造:BEI値※2が0.8以下の住宅
木 造:BEI値※2が0.85以下の住宅

※1 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成 20 年法律第 87 号)に基づく認定を受けた住宅。

※2 設計一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)/
基準一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)

制度の内容は変更される場合があります。最新情報は、住宅ストック循環支援事業事務局ホームページを参照してください。

MADOショップ あなたの家に最適の節電プランをご提案。窓リフォームの店

pagetop