YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

選ぶなら、樹脂窓です。

330人に聞きました!

「こんな窓が欲しい」

冬の寒さをやわらげる窓 61.3%

「冬の寒さをやわらげる窓」が「結露しにくい窓」と並んで第1位。
やはり冬でも暖かく快適にすごしたいですよね。

冬の窓辺の寒さをやわらげてくれるのは
断熱性の高い「樹脂窓」です!

窓が結露するのは、家の中でいちばん冷たい場所だから。
窓は熱の伝わりを抑える「樹脂窓」がおすすめです。

上記数値は、YKK AP算出です。冬の外気温 0.5 ℃/室温 20 ℃の場合

コラム

窓辺でヒヤッ!...の原因は?

暖房をしていて暖かいのに、窓辺にいったらヒヤッとなることはありませんか?これは、人の感じる温度(体感温度)が室温以外の影響も受けるためです。体感温度には、室温のほかに自分の周りにある床・壁・窓・天井の「表面温度」が影響します。それらの表面温度が室温より低ければ熱を奪われて寒いと感じ、逆に高ければ暑いと感じるのです。

体感温度の算出式

体感温度の算出式

※室内の測定位置に関係なく一定と考えた場合、天井・壁・窓・床等の全ての表面温度を面積比率等を考慮し、平均した温度。

樹脂窓で体感温度が変わる。

例えば、冬に外気温が0℃で室温が20℃のとき、アルミ単板ガラスの室内の体感温度は15℃ですが、樹脂窓になると19℃になります。窓が違うだけで、約4℃もの体感温度差が生じるのです。

窓が違うだけで、約4℃もの体感温度差が生じる
窓が違うだけで、約4℃もの体感温度差が生じる

【算出条件】「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ 住宅」 標準住戸のプランにおける例で、AE-Sim/Heatによる当社の計算結果より。●外気温:0℃

樹脂窓にすると暖かく快適に過ごせるんですね。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

pagetop