YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

樹脂窓でつくる、
ゼロエネルギーの家

WEBカタログを見る

樹脂窓で快適・健康

バランスよく断熱性能を高めることで、健康で快適に。

冬の家の中の温度が18℃より低くなると、健康悪化のさまざまなリスクが高まる可能性があります。樹脂窓なら熱の出入りが少ないので、家の中の温度が保たれ、部屋間の温度差も少なくなり、健康で快適に暮らせる環境が実現します。

18℃未満は健康リスク室温

18℃未満は健康リスク室温

床~天井の温度差「約2℃」 / 部屋間の温度差「約3℃」

樹脂窓なら室内温度差を2~3℃に抑え、ヒートショックも予防!

高齢者には、家の中にも危険がいっぱい。

住宅内で事故に遭う割合は、高齢者ほど高くなっています。事故を未然に防ぐには、住宅内の室温を均一に保つことも有効です。

冬: 住宅内事故死者の世代分布と死因

高齢者の入浴時が最も危険

夏: 熱中症患者の発生場所と世代(2010年/東京)

住宅内の熱中症は高齢者が最も危険

適切な湿度を保って、ウィルス、カビ、ダニの発生を抑制。

快適な生活を送るためには、ダニのえさになるカビの原因である結露を抑え、人が快適に暮らせる湿度・室内環境を保つことが重要になるのです。

アレルギーや健康被害と相対湿度の関係: アレルギーの原因となるダニやその他の病気の要因となるバクテリアやウィルス、カビなどは、室内の相対湿度を40〜60%にすることで、生き延びることができないとされています。 アレルギーや健康被害と相対湿度の関係: アレルギーの原因となるダニやその他の病気の要因となるバクテリアやウィルス、カビなどは、室内の相対湿度を40〜60%にすることで、生き延びることができないとされています。

樹脂窓にすることで相対湿度40~60%に保ち、
アレルギーやダニ・カビ被害を抑えることができます。

お肌と樹脂窓の意外な関係。

樹脂窓と肌、実は関係があることが当社の実験でわかってきました。アルミ窓で結露が始まると部屋の水分量が減少しはじめ、さらには肌の水分量も下がる結果に。一方、樹脂窓の部屋では、部屋の水分量も肌の水分量も維持されています。つまり、樹脂窓にすることで、美肌にとって必要となる部屋の「うるおい環境」が整うという、女性にとって注目の結果に!

樹脂窓なら、美肌にとって必要な「うるおい環境」を整えます! 樹脂窓なら、美肌にとって必要な「うるおい環境」を整えます!

APW® 樹脂窓シリーズ 地域区分や断熱性能で選べる、
豊富な樹脂窓ラインアップ

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

pagetop