YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

窓のあるくらし


風が活きる住まいへ

自然な涼しさで住む人が快適にくらせる住まい。
そのポイントは「季節の風」とその取り入れ方。
部屋の隅々まで効果的に風を運ぶことで、家を長持ちさせる効果があると言われています。
地域の気候を考えて、窓の選択や配置を工夫した風を活かす住まい。

心地よい住まいを実現させる「窓採り(まどり)デザイン」の考え方をご提案します。

風を知る

窓を知る


風を知る

風の動きを知る
~地域と季節によって異なる風向き

日本は南北に長く、背骨のような山脈があることで、地域ごとに季節風の風向きが異なります。夏は涼を得るために風を取り入れ、冬は風による寒さを防ぐ。住まいづくりを始める前に知っておきたいポイントです。

風の出入り口を考える
~上手な風の取り込み方

地域ごとの風向きに合わせて、風上に風の入り口となる窓を、そして風下にも風の出口となる窓をつくりましょう。それにより、効果的に風を取り込むことができます。

風の通り道を作る
~間取りや建具で風の流れをフォロー

取り込んだ風を効率的に家の中に通すには、シンプルな間取りの方が効果的です。もしくは、引き戸や欄間を活用して、室内に風の通り道をつくってあげましょう。

【コラム】
古民家に学ぶ風の知恵(1)


徒然草には「住まいは夏を旨とすべし」という一説があります。先人は、夏に過ごしやすい家を、住まいづくりの基本と考えていたようです。実際に古民家を見てみると、夏の季節風を考えた窓が配置され、取り入れた風がスムーズに流れるように欄間、ふすまなどが使われていました。暑い夏に涼を得るくらしの中の工夫といったところでしょうか。


窓を知る

窓のカタチを選ぶ
~素通りする風の取り込み方

住宅の立地条件によっては、風上から風を取り込むことが難しい場合があります。そんな時は、窓を選ぶことで、風を取り入れやすくします。

天窓の活かし方を知る
~風を吸い上げる窓の力

住宅の密集地では、窓を開けても、なかなか風が取り入れにくいことがあります。そんな時は天窓が効果的です。暖まった空気の上へ昇る性質。風が吹くと生まれる「風を吸い上げる力」。この2点の性質を利用し、天窓から風を外に吸い上げ、室内に風の流れをつくります。

【コラム】
古民家に学ぶ風の知恵(2)


囲炉裏がある古民家の屋根には、越屋根と呼ばれる天窓に似た窓がよく見られます。越屋根から煙や暖まった空気を外に出すことで、室内に新鮮な空気が入り込み、それが風の流れとなりました。シンプルですが、理に叶った夏涼しくくらす工夫といったところでしょうか。


pagetop