YKK AP 社員の自宅紹介 My Favorite Windows

一覧に戻る

さりげなく
存在感のある窓

東海エリア/新築by 営業 Kさん

vol.21

我が家は玄関ホールから室内に入ると、畳コーナーへと続く21帖のLDKとなっています。
その畳コーナーの東側は隣地と接近しているため、窓があると外からの視線が心配でした。

シンプルな引違い窓が、意外にも効果を発揮!

懸念していた場所には、Hサイズが小さい引違い窓を低い位置に設置したことで視線を気にせず、透明ガラスを採用してもカーテンを開けることができます。
朝は陽の光を室内に取り込み、窓越しに外の様子を感じられ、窓を開ければ遠州特有の東西方向の風を十分に取り込めて、効率の良い通風が実現しています。
窓を低く設置することで視線を下に抑え、梁下2,200mm程の低い天井でも閉塞感を感じません。

また2015年に夏の暑さと冬の寒さ解消のために設置した内窓『プラマードU』が木目調なので、真壁の柱と質感もマッチし、室内空間に一層馴染みました。
畳コーナーに寝転がり、朝日や風を感じる空間はとても心地良くて満足しています。
窓が住み心地に与える影響は大きいとは理解していましたが、普通の窓でもサイズや位置を工夫することで、こんなにも快適な空間を生み出せるということに驚いています!

私の窓

場所:
リビングの畳コーナー
商品:
エイピアJ 引違い窓  ※販売終了商品です。
プラマードU 引違い窓
施工:
2009年10月

Other Windows - 他を見る -

    ページの先頭に戻る