ビジネスのお客様 YKK AP for business

menu

防火設備について

防火設備について

防火設備の種類

防火設備には、使用の目的と場所によって次の種類があります。

特定防火設備

火災の拡大を防止するものであり、防火区画や防火壁の開口部、外壁の開口部、避難階段の出入口部分などに用いられています。

防火設備(防火戸)

主として、開口部の延焼防止を目的として、防火区画の一部や外壁の開口部などに用いられています。

防火設備の規定

防火設備は、政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるか、国土交通大臣の認定を受ける必要があります。

防火設備の技術的基準

防火設備は、建築基準法および建築基準法施行令により、その性能についての技術的基準が規定されています。

表の隠れている情報は指でスライドすることで表示されます
種類   防火設備
特定防火設備
大臣認定コード EA EB EC
要件 加熱面以外の面に火炎を出さない 加熱面以外の面に火炎を出さない 加熱面以外の面に火炎を出さない
遮炎時間 1時間 20分間 20分間
火災の種類 建築物の屋内または周囲で発生する通常の火災 建築物の屋内または周囲で発生する通常の火災 建築物の周囲で発生する通常の火災
性能 遮炎性能 遮炎性能 準遮炎性能
主な設置場所 防火区画 耐火建築物または準耐火建築物の外壁の開口部で延焼のおそれのある部分 防火地域または準防火地域内の建築物の外壁の開口部で延焼のおそれのある部分
関係法令 令第112条第1項 法第2条第九号二/口
令第109条の2
法第64条
令第136条の2の3

防火設備の認定

防火設備についての国土交通大臣の認定を受けるためには、指定性能評価機関※において防耐火試験を実施し、事前評価を受けることが必要です。
※指定性能評価機関とは、国土交通大臣認定の事前評価を実施する機関で、原則として試験と評価の両方を実施します。


pagetop