ビジネスのお客様 YKK AP for business

menu

省エネ関連法規・制度賢い住まいづくりに欠かせない省エネ関連法規や支援制度などを紹介

省エネ基準(改正)1.背景

省エネ性能で住まいを選ぶために住宅の省エネ基準を知ろう!!

省エネ性能で住まいを選ぶうえで、非常に重要な役割を担うのが国が定めている省エネ基準です。その省エネ基準が大きく変わろうとしています。また、国では2020年度までに全ての新築住宅に省エネ基準をクリアすることを義務付けようとしています。

省エネに関するこれまでの経緯

【省エネに関するこれまでの経緯】

省エネに関するこれまでの経緯

【省エネ基準の改正スケジュール】

省エネ基準の改正スケジュール

省エネルギー基準見直しの背景

日本において、住宅・建築物部門は全エネルギー消費量の3割以上を占め、産業・運輸部門に比べて、過去20年の増加が著しいため、省エネ対策の強化が求められています。

【最終エネルギー消費の推移】

最終エネルギー消費の推移

出展:国土交通省・経済産業省 合同委員会資料

家庭におけるエネルギーの消費は、冷暖房以外にも給湯・厨房・照明などの用途に分けることができますが、近年、冷暖房のエネルギー消費以外にも給湯や照明でのエネルギー消費が高まっています。つまり、住宅の省エネ化を進めるためには、断熱性能の向上を図ることはもちろんですが、給湯などの設備を含めた住宅全体の省エネ化が必要です。新しい省エネ基準では、このような住宅全体の省エネ化を推進する制度に改正されます。

【家庭の用途別エネルギー消費量の推移】

家庭の用途別エネルギー消費量の推移

出展:経済産業省『エネルギー白書2012』


pagetop