ビジネスのお客様 YKK AP for business

menu

省エネ関連法規・制度賢い住まいづくりに欠かせない省エネ関連法規や支援制度などを紹介

低炭素建築物認定制度1.概要

住宅や建築物の低炭素化(CO2排出削減)に向けて、2012年12月から「低炭素建築物認定制度」がスタートしました。 新しい省エネ基準に比べて、一次エネルギー消費量を10%以上減らすなど、一定の性能を持つ低炭素建築物を認定し、税制優遇などの処置を講じていくというものです。ここでは、「低炭素建築物認定制度」に関して、詳しく紹介します。

「低炭素建築物新築等計画認定制度」とは?

省エネ基準の改正とともに、新たに制定された「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)に基づき「低炭素建築物新築等計画の認定制度」(低炭素建築物認定制度)が創設され、その認定基準が策定されました。 省エネ基準と認定基準は、ともに建築物の省エネルギー化・低炭素化を促進することを目的としており、基準そのものが相互に関連しています。

「低炭素建築物新築等計画認定制度」とは?

出展:国土交通省 低炭素建築物認定制度 関連情報より

【省エネ基準改正と低炭素建築物認定制度】

省エネ基準改正と低炭素建築物認定制度

pagetop