YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

多目的プライベート空間ヴェクターウェーブ

WEBカタログを見る

多目的プライベート空間ヴェクターウェーブ

最も合理的な構造美で、新しい自由空間を創出します。

テラス、カーポート、目隠しフェンス、日射遮蔽といった単品の概念を捨て、新しい価値空間を創造。
プランナーの想いのまま、生活が変わる、行動が変わる……自由空間を提供します。

商品特長

使い方、楽しみ方は自由自在。

|隣地から覗かれないデッキ空間|

趣味の自転車整備
夏のプール遊び
秋のバーベキュー
冬のひなたぼっこ

|新しい大人の離れ「秘密基地」|

愛車の整備ガレージ
自家製燻製工場
シニアからの陶芸工房
木製カヌーの造船所

設置場所や組合せは、お好みに合せていろいろ。

- Point 1 -

正面・側面・背面フレームの壁面材は2タイプ、全4色から選べます。

壁面材は、透過性のある鉄板大波ポリカと目隠しになる「アルカベール ラインバークスパン」の2タイプ。(どちらか1タイプで統一。混合はできません。)
さらに、「アルカベール ラインバークスパン」は3色をご用意。お好みで選べます。(「アルカベール」は、内/ 外両面張り)

クリアマット
(鉄板大波ポリカ)

シルバー
(「アルカベール
ラインバークスパン」)

スミゾメ
(「アルカベール
ラインバークスパン」)

シェルホワイト
(「アルカベール
ラインバークスパン」)

- Point 2 -

屋根フレームは2タイプ、組合せも可能です。

屋根は平板ポリカとパーゴラの2タイプ。組合せも自由に選べるので、半分を平板ポリカ、残り半分をパーゴラにするなど、自由自在です。

- Point 3 -

設置方法は2種類から選べます。

設置する場所に合せて、壁付け納まりと独立納まりの2つの設置方法から選べます。

壁付け納まり

独立納まり

ディテール

水平ラインを強調するデザインに仕上げ、さまざまな納まりパターンにも対応できます。

A. 前面パネルすき間隠し

水平ラインを強調したデザインで、鉄板大波ポリカやラインバークスパンとの相性もよい仕様です。

B. 独立フレーム端部

堅牢な構造体と接合方式で風圧を受け止めます。

C. 内観コーナー部

すっきりとしたコーナー部。水平なラインが持続します。

D. エッジ材(たて)/パネル押さえ(横)

H型形状がシャープな印象を与えます。

E. 補強金物

ポリカ下部をしっかり固定します。

ラインアップ

設置方法

壁付け納まり

正面壁面材の風圧を建物が受けるため、リーズナブルに設置できます。

内観

外観

独立納まり

建物のかわりに独立フレームが風圧を受けます。

内観

外観

壁面材

ほどよい透過性の <鉄板大波ポリカ>

気配は感じられますが、半目隠し状態になり、光も取込めます。

プライバシーに配慮できる「ラインバークスパン」

内外両面張りなので、完全に目隠し状態をつくります。

屋根形状

組合せ自由な屋根形状

用途、建ぺい率、容積率に応じて、ブロックごとに自由に組合せができます。

カラーバリエーション

本体

●材質:アルミ形材

プラチナステン

屋根ふき材

●材質:ポリカーボネート板

アースブルー

スモークブラウン

トーメイマット

●材質:熱線遮断ポリカーボネート板

アースブルー(マット)

クリアマット

●材質:熱線遮断FRP板(DR認定品)

アッシュグレイ

 ※上記「屋根ふき材」の取付商品は「ヴェクター」です。

壁面材

●材質:ポリカーボネート板

クリアマット

●材質:「アルカベール」

シルバー

スミゾメ

シェルホワイト

施工例

独立式で愛車のガレージスペース

カーポートよりも一層、囲みたいというご要望にお応えします。

リビングからつながるデッキ空間

前面の目隠しにより、安心してリビングのカーテンを開け放し、外からの視線を気にすることなく、のびのびと行動できます。

オプション

アウターシェード

日射を遮ること以外にも、心理的結界として侵入抑止効果も期待できます。

収納時

使用時

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

商品ラインアップへ戻る

pagetop