YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

樹脂窓×耐震フレーム FRAMEⅡ(フレームⅡ)

WEBカタログを見る

樹脂窓×耐震フレーム FRAMEⅡ(フレームⅡ)

商品ページメニュー

樹脂窓×耐震フレーム FRAMEⅡ(フレームⅡ)
樹脂窓×耐震フレーム FRAMEⅡ(フレームⅡ)

「断熱×耐震」2つの改修効果。

木質耐震フレームに高性能樹脂窓 APW 330 を組み合せ、窓まわりの断熱リフォームと住まいの耐震リフォームを同時に実現します。 「フレームⅡ」を住宅にバランスよく配置することで性能向上リフォームが可能です。

商品特長

住まいの断熱と耐震を同時に実現

「フレームⅡ」は、木質耐震フレームで、耐震上弱点となる開口部の耐震性能を向上し、高性能な樹脂窓を採り入れることで開口部の断熱性を向上します。

これまでの耐震補強

フレームⅡなら

断熱性

高性能樹脂窓APW 330で住まいを快適断熱化

「フレームⅡ」の窓は、高性能樹脂窓APW330を採用。
高い断熱性で、夏涼しく、冬暖かい。いごこちをつくる窓です。

1. Low-E複層ガラスだから熱の出?りを軽減

2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。

2. 樹脂だから結露の発生を軽減

樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

※熱貫流率は、たてすべり出し窓+FIX連窓アングル付Low-E複層ガラスガス無[16513サイズ]の場合

※熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表した値のことで数字が小さいほど性能が良いことになります。(社内方法/JIS A 2102に準じた社内試験結果)

窓は熱の出入りの一番多い場所。
だから、窓の断熱が大切なのです。

冬の暖房熱が逃げ出し、夏は外の熱気が入り込んでくる、一番の原因は窓などの開口部。窓の断熱対策によって、冷暖房が効きやすく、快適で省エネな住まいにつながります。

※数値はYKK AP算出です。

夏:外気温33.4℃/室温27℃の場合

冬:外気温0.5℃/室温20℃の場合

APW330なら、快適な温熱環境を実現

○サーモグラフィカメラによる窓辺の温度比較

APW330なら、不快な結露を抑制

○冬の窓辺の結露比較

[サーモグラフィ画像条件] 床暖房停止後4時間経過時/社内試験による。

[結露画像条件]室外温度:0℃、室内温度:20℃、相対湿度:60%

※注意 結露の発生は窓の性能だけではなく、住まいや他の自然環境にも影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。

耐震性

J-耐震開口フレーム(木質耐震フレーム)で開口部を耐震壁に

J-耐震開口フレーム(木質耐震フレーム)は、開口部を大きく確保しつつ、従来の耐力壁と同様に耐震基準を満たす強度を確保できます。既存の柱・梁の内側に取付けるため、リフォーム、リノベーション施工現場で柔軟に対応できます。フレームは鉛直力を負担せず、水平力のみを負担する耐力壁となります。

従来の耐力壁

建築基準法で量と位置が規定されているため、窓などの開口部が犠牲になりがち。

フレームⅡ

コーナー部に引張強度の高いアラミド繊維シートまたは引張ボルト(門型のみ)を使用することで、開口部を確保しながら、強度を確保。

家をサイコロに例えると…

J-耐震開口フレーム(木質耐震フレーム)をサイコロの入口(住宅の開口部)に取付けることで、開口部の採光、通風などの機能はそのままに耐震補強することができます。

※J-耐震開口フレームは、J建築システム株式会社が開発、供給元となります。「J-耐震開口フレーム」は、J建築システム株式会社の登録商標です。
特許第2946299号,第3878933 号 
[URL]http://www.j-kenchiku.co.jp/別ウィンドウで開きます

改修箇所に応じて選べるタイプ

開口部の大きさによりBOX型、門型を選択することで住宅全体の耐震リフォームに使用することが可能です。

BOX型(部材断面寸法 105㎜×150㎜)

門型(部材断面寸法 105㎜×240㎜)

(一財)日本建築防災協会技術評価取得済

J-耐震開口フレーム(木質耐震フレーム)は実大実験を行い、力の3要素(強度、剛性、靱性)を確認しています。また、(一財)日本建築防災協会の技術評価(DPA-住技-4)を取得しています。

※1:一般診断法に用いる数値 
※2:壁基準耐力×柱芯距離 
※3:壁基準耐力/1.96 
※4:精密診断法に用いる数値

窓のデザイン・機能

窓がグレードアップし美しさと使い勝手が向上

美しいデザイン

従来の樹脂窓では見られないスタイリッシュなデザインにより、様々なコーディネイトが可能です。

1.スリムフレーム

新しい「ガラス接着技術」で強度を確保。
アルミフレームと同等のスリム化を実現しました。

2.フラットコーナー

独自の溶着技術により、コーナーをフラットに仕上げました。

3.ラウンドエッジ

フレームに丸みをもたせ、スリムさを際立たせています。

戸先錠仕様だから開け閉めラクラク

ワンアクションで操作できる戸先錠を採用。〈開ける〉または〈閉める〉といった動作だけで、同時に〈解錠〉や〈施錠〉ができます。

※戸先錠は窓を閉めると自動的に錠がかかります。戸先錠がかかった状態では、外部から窓を開くことはできません。片引き窓・両袖片引き窓にも戸先錠を採用しています。(引違い窓とは意匠が異なります。)

APW「戸先錠」は、キッズデザイン賞(子ども視点の安全安心デザイン一般部門)を受賞しました。

詳しくは ニュースリリース キッズデザイン協議会

耐震商品に関するお問い合せ

・耐震商品お問い合せ窓口

0120-4134-30

・受付時間

月曜~土曜 9:00~17:00 (日・祝日・年末年始・夏期休暇等を除く)

・耐震商品お問い合せ窓口

0120-4134-30

・受付時間

月曜~土曜 9:00~17:00 (日・祝日・年末年始・夏期休暇等を除く)

このページをご覧の方は、こちらの商品もご覧になっています

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

商品ラインアップへ戻る

pagetop