YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

”実家のお悩み”対策リフォーム

”実家のお悩み”対策リフォーム ”実家のお悩み”対策リフォーム

愛着のある住まいでずっと快適に暮らしたい親世帯。
親を心配しつつ、いつでも気持ちよく遊びに行きたい子世帯。
「実家」は生活の場であり、離れて暮らす人たちが集うかけがえのない場でもあります。
それだけに、住みやすさはもちろん、訪ねやすさも大切。
「もっとこうしたい」「こうあってほしい」という想いは暮らす親世帯も、
訪ねる子世帯もあることでしょう。
みんなが笑顔になる実家リフォームを考えてみませんか?

こんなお悩み感じたことはありませんか? こんなお悩み感じたことはありませんか?

【親世帯】家も自分たちも歳をとったな~、と感じるこの頃。【親世帯】家も自分たちも歳をとったな~、と感じるこの頃。

  • 戸の開け閉めが負担に感じる。
  • 階段や段差でつまずきそうになる。
  • 最近子どもたちがこないのは家が古くて不便だから?
  • 戸の開け閉めが負担に感じる。階段や段差でつまずきそうになる。最近子どもたちがこないのは家が古くて不便だから?

【子ども世帯】実家に遊びにいきたいけど、あの家はちょっと…【子ども世帯】実家に遊びにいきたいけど、あの家はちょっと…

  • 遊べる場所がないからつまんな~い。
  • 部屋やお風呂が寒い。
  • 古い家だけど耐震性は大丈夫?
  • 遊べる場所がないからつまんな~い。部屋やお風呂が寒い。古い家だけど耐震性は大丈夫?

実家に一つでも不便・不満に思うところがあると、つい足が遠のきませんか? 実家に一つでも不便・不満に思うところがあると、つい足が遠のきませんか?

実家に対するお悩み実家に対するお悩み

  • 部屋が寒い
  • 戸やふすまの建て付けが悪い
  • 耐震性が不安
  • 部屋数が少ない
  • バリアフリー仕様になっていない
  • 子どもを自由に遊ばせるスペースがない
  • おじいちゃん、おばあちゃんのおうち、ちょっと苦手かも
  • 部屋が寒い。戸やふすまの建て付けが悪い。耐震性が不安。部屋数が少ない。バリアフリー仕様になっていない。子どもを自由に遊ばせるスペースがない。おじいちゃん、おばあちゃんのおうち、ちょっと苦手かも
子ども世帯はこれらを不便・不満として挙げています!子ども世帯はこれらを不便・不満として挙げています!
出典:一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会「祖父母の家に対する意識調査」調査報告書「両親の家の不便・不満だと思うところ」より主な項目を抜粋※「実父母の家が、自分の家から2時間以内程度の距離」(新幹線や飛行機、フェリーでの移動は除く)等の条件に適う4歳~小学校6年生までの子を持つ30歳~49歳の父母・780組を対象に調査

不便や不満があっても住んでいる人は… 不便や不満があっても住んでいる人は…

【親世帯】この先も住み慣れた今の家で暮らせたらなぁ...【親世帯】この先も住み慣れた今の家で暮らせたらなぁ...

60〜74歳 の最期を迎えたい場所のグラフ60〜74歳 の最期を迎えたい場所のグラフ
左の図からわかるように多くの親世代にとって、今の住まいはかけがえのない場所なのです。左の図からわかるように多くの親世代にとって、今の住まいはかけがえのない場所なのです。

【子ども世帯】古くなったこの家で、高齢の両親がこの先も快適に生活できるか心配…【子ども世帯】古くなったこの家で、高齢の両親がこの先も快適に生活できるか心配…

そこでそこで
住む人、訪れる人みんなが笑顔で快適に過ごせるための実家のリフォームを考えてみませんか?住む人、訪れる人みんなが笑顔で快適に過ごせるための実家のリフォームを考えてみませんか?

知ってましたか?高齢者の事故が発生する場所の多くは住まいの中なのです。 知ってましたか?高齢者の事故が発生する場所の多くは住まいの中なのです。

65歳以上の事故発生場所は8割近くが住まいで、一般道路の実に10倍以上!
事故のきっかけとしては「転倒」「転落」が多く、
その2つで全体の5割以上を占めています。
住まいの中は、高齢者にとって意外と危険が多いのです。

事故発生場所(65歳以上:n=669)のグラフ事故発生場所(65歳以上:n=669)のグラフ
事故のきっかけのグラフ事故のきっかけのグラフ

そして全国のおおよそ半数の住宅が、高齢者に配慮した仕様に! そして全国のおおよそ半数の住宅が、高齢者に配慮した仕様に!

高齢者等のための設備がある住宅(全国)高齢者等のための設備がある住宅(全国)

「高齢者等のための設備」の内訳を見ると、
「手すりがある」「またぎやすい高さの浴槽」
「段差のない屋内」などが上位に挙げられています。

うちもなんとかしないといけないかな?うちもなんとかしないといけないかな?
リフォームする際、老朽化対策だけでなく、安全・安心・快適な住環境に配慮した<br>リフォームを検討することが大切です。リフォームする際、老朽化対策だけでなく、安全・安心・快適な住環境に配慮した<br>リフォームを検討することが大切です。
“住まいの老朽化”対策に合わせて、ぜひ高齢者を意識した対応も!“住まいの老朽化”対策に合わせて、ぜひ高齢者を意識した対応も!
でも、どうすれば…でも、どうすれば…

そこに暮らす人も、訪ねる人も快適で健やかな実家へ そこに暮らす人も、訪ねる人も快適で健やかな実家へ

YKK APは住まいのさまざまなお悩みの対策リフォームを提案します!YKK APは住まいのさまざまなお悩みの対策リフォームを提案します!

まずは住まいのどこが問題かチェックして、できるところから始めてはいかがでしょうか。

  • 寒い問題寒い問題
  • 結露問題結露問題
  • 戸の開け閉め問題戸の開け閉め問題
  • 転倒・転落問題転倒・転落問題
  • ゆとりのない空間問題ゆとりのない空間問題
  • 耐震問題耐震問題
住まい作りのヒントを新発見!
MADOショップ
空間リフォームを見つけよう

pagetop