YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

リフォームテーマから探す

大空間のリビングって気持ちいい

空間を"やわらかく"仕切ってみる。

家の中を壁できっちり仕切るのではなく、可動式の間仕切でやわらかく仕切るという考え方。

まず小分けにしていた従来の間取りを見直し、家族が集う大空間に。動線がシンプルで合理的になり、風通しもよくなります。そこへ天井いっぱいの間仕切を入れて境界に。生活シーンに合せて間仕切を動く壁のように開け閉めして、空間の使い方を手軽に変えられるフレキシブルな間取りです。

生活感をすばやく隠して、おもてなし空間に

リビングとダイニングの間に、折戸式の間仕切を設置すると、ふだんは開け放って大空間で暮らしながら、来客の時には生活感のあるダイニングスペースを隠して、おもてなししたりと、その時どきでスペースを自由に使い分けられる、かしこい間取りになります。

折戸式の間仕切は、扉をたたんで左右めいっぱいに開放でき、上吊りタイプなら床にレールもないため開放時は境界を感じさません。

互いを感じながらも自分だけの時を過ごす

たとえば、夫婦2人暮らしだけれど、子どもや孫たちが集まることも多い。そんな家なら、LDKはできるだけ大きな空間をとりながら、引戸式の間仕切で好きな時に空間を区切ることができると便利です。

さっと閉めれば、プライベートスペースのできあがり。半透明パネルの間仕切なら、互いの気配は感じながら、ほどよい距離感で一人ひとりの好きな時間を過ごすことができます。

ほかにも視線を適度に遮る格子状の間仕切など、いろいろなタイプが選べます。ぴったりのものを探してみましょう。

このリフォームテーマのおすすめ商品

リフォームについて、もっと知りたい方は

pagetop