YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

リフォームテーマから探す

窓の防犯性を高めたい

戸建住宅では約6割が窓からの侵入。
対策は「泥棒に嫌われる窓」にすること。

二重窓にしたり、ガラス破りに強いガラスを選ぶことで侵入を諦めさせる窓に。またシャッターや雨戸、面格子の取り付けも効果的です。

データから考える防犯対策

泥棒の侵入経路は、戸建て住宅の約60%が窓から。その中で最も多いのが直接庭に出入りできる「1階居室の窓」からの侵入です。

侵入手口として、無締まり(カギのかけ忘れ)に次いで多いのは、ガラス破り。カギが閉まっていても、ガラスの一部を破り、そこから手を差し入れてクレセントを回して解錠してしまうのです。 こうしたデータから、窓の防犯対策がどれほど大切かということが分かります。

データ出典:平成26年警察庁データ/平成26年警視庁公表データ「どうやって侵入するか?(戸建の場合)」

侵入をためらわせ、手こずらせ、諦めさせる窓とは。

ガラス破り対策として「防犯合わせ複層ガラス」が有効です。 2枚のガラスの間に中間膜をはさんであるので、ガラスを破壊しようとしても、ヒビが入るだけで割れにくいという効果があります。

そもそも狙われにくい窓にするための工夫も大切です。内窓をつけて二重窓にしたり、シャッターや雨戸、面格子をつけることで、侵入をためらわせ、また実際に侵入しようとしても破壊に手間取るため、途中で侵入をあきらめさせる効果も期待できます。

こちらの特集サイトもお読みください。

データで知るかしこい対策
防犯配慮の家

このリフォームテーマのおすすめ商品

リフォームについて、もっと知りたい方は

pagetop