ビジネスのお客様 YKK AP for business

menu

SYSTEMA 31Br

SYSTEMA31Brは、高い意匠性と機能性を兼ね備えた「窓まわりのビル改修」をシンプルな工法で実現し、老朽化したビル建築をリフレッシュすることができます。改修前の窓のトラブルを解決するとともに、省エネ性や快適性の向上など、ランニングコストや働く人々の健康にまで配慮した、一歩先ゆくビル改修をご提案します。

SYSTEMA 31Br

 

 

CLEAR DESIGN 軽快な意匠

先進のビルリフォーム

オフィスの窓を快適に美しく。
SYSTEMA 31Brは、従来よりもシンプルな工法でスリムデザインの窓へのリフォームを実現します。想像以上の開放感を実現し、建物そのもののイメージも一新します。

Before

単板ガラスの窓で、断熱性が低く冷暖房効率が悪かったり、老朽化してスムーズに作動しなくなった窓を一新してみませんか?

After 従来のカバー工法

従来のカバー工法による改修後の外観。 古い枠に新しい枠をかぶせる工法ですので、部材が目立ち、開口幅が小さくなってしまいます。開放感がそこなわれがちです。

After SYSTEMA 31Br

枠・障子の部材がスリムで、意匠も統一されているため、すっきりとした印象に。開放感とともに眺望性も向上し、内観・外観の両面から洗練されたビル建築にイメージ一新。改修前の建物にはなかった「窓まわりの美しさ」を演出できます。

  • [改修前]
  • [従来の改修]
  • [SYSTEMA 31Br での改修]
SYSTEMA 31Br での改修従来のカバー工法以上に大きなガラス面を確保

日本特許出願中

従来カバー工法より施工簡略化

既設障子の撤去、既設枠の部材をカット、内枠・障子を引き寄せるだけのシンプルな工法で、すっきりした納まりを実現します。

[改修の流れ]

① 既設障子撤去

既設障子撤去

障子、部品撤去

② 不要部材カット

不要部材カット

ATポケットなど 枠ヒレ部カット(上・縦)

③ 新設枠ねじ止め

新設枠ねじ止め

新設サッシ取付/
外枠ねじ止め/
内枠、障子引寄せ

④ 完了

完了

最終固定、止水テープ貼り、内部カバー取付

)

スリムな意匠

見付寸法を抑えたスリムなフレームにより、従来のカバー工法に比べて窓まわりが軽快になり、開放感とともに眺望も向上します。

スリムな意匠

  • 従来の一般的なカバー工法
  • SYSTEMA 31Br

シャープさを際立たせる 中央目地デザイン(外観)

シャープさを際立たせる 中央目地デザイン(外観)

*写真はイメージです。

FIX窓+FIX窓 連窓部

FIX窓+FIX窓 連窓部

FIX窓+FIX窓 段窓部

FIX窓+FIX窓 段窓部

FIX窓・可動窓のデザインの統一

FIX窓と可動窓の見付寸法を揃え、異なる窓種の組合せでも同じデザインで統一できます。
透明感の演出とバランスのとれた意匠を実現します。

  • 可動窓の隠しかまち構造でFIX窓との外観見付統一
  • *写真はイメージです。

可動窓の隠しかまち構造でFIX窓との外観見付統一

FIX窓単窓、FIX窓+FIX窓連窓の場合

FIX窓のみで構成される開口部では、上下枠・たて枠の見付を抑えたFIX専用枠を使用することで、
方立連窓部では60mm見付の、よりスリムなデザインに対応できます。

FIX窓【FIX専用枠】 方立連窓

FIX窓【FIX専用枠】 方立連窓

隠しかまち・隠ぺい式オペレーター

可動窓は、障子見付面を内部に見せない「隠しかまち」を採用しています。
また排煙窓はダンパーや滑車等を見せない隠ぺい式オペレーターを採用し、すっきりとした内観意匠としています。

障子見付面を内部に見せないデザイン

障子見付面を内部に見せないデザイン(※写真はアルミカバーの場合)

  • 隠ぺい式オペレーター
【排煙窓】(開放時)

  • 隠ぺい式オペレーター
    【排煙窓】(開放時)
  • 隠ぺい式オペレーター
【排煙窓】(閉鎖時)

  • 隠ぺい式オペレーター
    【排煙窓】(閉鎖時)

FIX窓+FIX窓 連窓部

樹脂断熱カバー ホワイト色(内観)

FIX窓+FIX窓 段窓部

樹脂断熱カバー グレー色(内観)

 

CLEAR FUNCTION 明快な機能

A12複層ガラス対応

ペリメーターゾーンの熱負荷軽減を目的として、中空層12mm複層ガラスの組み合わせが可能なガラス溝幅を設定しています。単板ガラスの窓を複層ガラスの窓へ改修することで、開口部での熱負荷軽減により省エネ性能を向上させます。

A12複層ガラス対応

  • 中空層12mm複層ガラス
    (FIX窓 35mm溝幅)
  • ペリメーターゾーンの
    熱負荷軽減

環境への配慮

室内環境への配慮

用途に応じて選べる内部カバー

アルミカバー仕様に加え、新設枠を樹脂で覆うアルミ樹脂複合構造の樹脂断熱カバーを設定しています。室内側の面を樹脂でカバーし、大幅に断熱性をアップさせ、不快な結露も抑制することができます。

●アルミカバー

アルミカバー

中空層12mm複層ガラス(縦すべり出し窓)
アルミカバー 断熱性能 H-2

●樹脂断熱カバー

樹脂断熱カバー

中空層12mm Low-E複層ガラス(縦すべり出し窓)
樹脂断熱カバー 断熱性能 H-4

内部ハンドルデザイン

シンプルで直線的なデザインを採用した亜鉛ダイカスト製ハンドルは操作時の安全性にも配慮した形状です。

ガラス面とグリップ間の距離 をより大きくとった握りやす い形状 (内観斜め)

ガラス面とグリップ間の距離をより大きくとった握りやすい形状 (内観斜め)

グリップ先端の手がかりで 操作時のすべりを防止 
(内観正面)

グリップ先端の手がかりで操作時のすべりを防止
(内観正面)

自動復帰機能付セーフティストッパー

換気用のたてすべり出し窓※1には、セーフティストッパーを標準設定しています。換気時、清掃・点検時の安全性に配慮しています。
操作に不安のある古い窓も、安心して操作できる窓へ改修できます。

自動復帰機能付セーフティストッパー

  • セーフティストッパー解除状態
  • 障子閉鎖
  • 開放操作だけで
    セーフティストッパー復帰

セーフティストッパーにより、窓開放時の開口幅が約60mmに制限され、安心してご使用いただけます。また、たてすべり出し窓※1にはセーフティストッパー解除状態から、障子を閉じる操作だけで開口制限が自動で復帰する「自動復帰」機能付セーフティストッパーを採用し、点検後の掛け忘れを未然に防ぎます。※2

※1:非常用進入口仕様、換気付非常用進入口仕様は除く。

※2: チャイルドロックの解除 ・ 設定は手動となります。

日本国内特許取得済

安全性と機能性の両立 【換気付非常用進入口仕様】

これまで両立が難しいと考えられてきた「換気窓」と「非常用進入口」。この二つの要素を一つの窓に集約し、高い機能性を実現しました。
換気できなかった非常用進入口を「換気付非常用進入口」へ改修し、換気時の安全性に配慮しつつ、非常用の外部進入も可能になります。

換気付非常用進入口仕様

換気付非常用進入口仕様

■換気時(室内側より操作)

内部ハンドル

内部ハンドル

開放状態(換気時)

換気時 (室内側より操作)

内部ハンドルを回転させ、障子が止まるまで押し出しますと、セーフティーストッパーにより自動的に約60mmの位置でストップします。

●非常時(外部側より操作)※消防隊進入時

外部ハンドル

外部ハンドル

開放状態(非常時)

開放状態(非常時)

●非常時(外部側より操作)※消防隊進入時

障子下かまち部の外部ハンドルの操作でセーフティストッパーによる開口制限が解除され、窓が一度に全開できます。

効率の良い換気窓へ

今まで開くことができなかったFIX窓も上手に風を取り入れる「ウインドキャッチ」に改修することで、
風の入り口と出口が生まれ、効率的な換気を実現。空調負荷の低減につながります。

  • [改修前]

    FIX窓

    FIX窓

  • [SYSTEMA 31Br]

    ウインドキャッチ(開き窓

    ウインドキャッチ(開き窓)

  • 通風量の比較シミュレーション

    通風量の比較シミュレーション

    【シミュレーション条件】
    ○使用ソフト:FlowDesigner 11 ○風向き:壁面に対し斜め45°方向
    ○風速:1m/s  ○部屋の大きさ:6畳  ○天井高さ:2.5m
    ○抱き寸法:60mm 
    ○引違い窓:W1200mm×H700mm、全開(EXIMA 31)
    ○ウインドキャッチ連窓:W1200(たてすべり出し窓部  W185、FIX窓部790)×H600、45°開き(EXIMA 31)

 

商品仕様

pagetop