ビジネスのお客様 YKK AP for business

menu

R's 100Wb

たんなる性能スペックの追求ではなく、生活にほんとうに役立つ性能へ。
新基準の高水密のウインドウです。

R's 100Wb

 

 

日本の気象データの分析から、独自の視点「生活水密」を追求。
JIS基準をはるかに超える、安心の水密性能を達成しています。

実際の台風を見据えると、開口部には長時間耐えられる水密性能が必要です。

近年発生した台風の気象データでは、大雨と強風が同時に発生し、しかも長時間持続することが報告されています。
このようなケースでは、500Pa-10minというJIS水密性試験をはるかに超える厳しい環境に窓はさらされることになります。そこでYKK APでは、過酷な条件に長時間耐えうる水密性能が必要と考えました。

1000Pa-180minもの、長時間におよぶ高水密性能を実現

JIS水密性試験では最高グレードのW-5をはるかに凌ぐ1500Paを達成したR's 100Wb。さらに台風の停滞をも想定して、長時間の過酷な条件のもと、生活に支障をきたさない「生活水密」レベルを測定するYKK AP独自の試験を実施しました。水を噴霧しながら中央値1000Paの圧力(1500〜500Paの脈動圧)を180分間加えるという試験で、室内側に水滴がわずかに飛散しただけという試験結果を達成。独自の生活水密基準をクリアし、ひときわ安心できる信頼性能を実現しています。

水密性確認試験状況

  • R's 70Wb
    [1500Pa]1500Pa加圧
    (風速49m/s相当)

  • 当社一般商品
    [500Pa]1000Pa加圧
    (風速40m/s相当)

JIS 基準の水密性試験方法(JIS A 1517)

水密性とは雨水の浸入をどれだけの風圧まで防げるかを表す性能です。JIS水密性試験では、圧力箱にサッシセットを取り付け、1分間あたり4L/m2の水を噴霧しながら脈動圧を10分間加え、その間のサッシセットからの漏水状況を観察します。JIS等級では500Pa-10minの水密圧力をクリアするW-5が最高レベルとなります。

JIS水密性の等級と性能

等級 W-1 W-2 W-3 W-4 W-5
圧力差(Pa)脈動圧中央値 100 150 250 350 500
風速換算(m/s) 15 16 20 24 29

 

基本をしっかりと磨いたR's 100Wbは、独自に開発した高信頼の新水密構造を採用しています。

等気圧理論を応用した、独自の新水密構造

下枠にホロー部を設け、水の侵入と空気の導入ルートを分離して積極的に外気を取り込むことで、3つの等圧空間を形成。雨滴の運動エネルギーを封殺して、高い水密性を実現しています。

  • A 外障子下枠の等圧空間

  • B 内障子下枠の等圧空間

  • C 召合せ框部の等圧空間

大開口部設計に対応

耐風圧強度2400Paで最大寸法W:2400mm×H:2400mmまで対応し、大開口を構成することができます。開放感あふれる明るい室内空間を演出します。

すぐれた断熱性

空気層A12mmの複層ガラスにも対応して、すぐれた断熱性を実現。冷暖房費を削減できる省エネ効果を発揮するとともに、結露の発生も極力抑えることができます。

すぐれた遮音性

R's 100Wbでは豊富なガラス溝幅ラインアップを用意し、遮音性能の高い多様なガラスとの組み合わせが可能。すぐれた遮音性T-3を確保できます。

<遮音性T-3対応ガラス例>
R's 100Wb:防音合わせ複層ガラス5+5+ A 6+8mm以上使用時。
※遮音性T-3確保の条件は窓種によって異なります。条件の詳細については、最寄の当社営業窓口にお問い合わせください。

すぐれた耐風圧性

耐風圧性はJIS基準で風圧によってS-1からS-7まで7つの等級があります。R's 100Wbは、最高等級S-7を超える4500Paまで対応します。

 

Safty 安全性への配慮

形材引手の設定

開閉時に必要な手がかりとして、操作高さを限定しない形材引手を、室内側・室外側の両方に標準設定しています。

高性能ダブル戸車の採用

複層ガラスによる障子の重量増に対応したダブル戸車を採用。
すぐれた耐久性を確保し、スムーズな開閉を実現します。
(障子重量80kg以下の場合はシングル戸車となります)

 

Safty 安全性への配慮

引き残しの設定

より安全に開閉できることを考え、引き残しを標準設定しています。

回転ストッパー(オプション)

障子行き違い時の事故を防止するために、回転ストッパーを用意。ストッパーセット時は障子に引き残しが設定されます。

 

Security きめ細かな防犯対策

戸車の容易な交換

枠から障子をはずすだけで、障子自体を分解することなく、戸車の交換ができます。

 

Security きめ細かな防犯対策

補助ロック標準設定

クレセントに加えて、補助ロックを標準設定しています。

防犯合わせ複層ガラスに対応

2枚のガラスの間に強靱で柔軟な中間膜をはさみ加熱圧着させた防犯合わせガラスを組み合わせた複層ガラスに対応しています。
(R's 100Wbガラス溝幅35mm、42mm以上)

 

Security きめ細かな防犯対策

永く住み続けるために、ユニバーサルデザインの工夫が盛り込まれています。

上質で、使う人に優しいクレセント・ハンドル

クレセントやハンドルといった操作部品は、使いやすさを考慮してゆとりのサイズに設定。

クレセント 形材引手
(標準)
掘込引手
(180mm)
サポート引手 大型ハンドル
(300mm)
サポートハンドル
(190mm)
標準 CH 形材引手(標準) CH CH CH CH

障子を開ける際の力を軽減する、サポートハンドル・サポート引手の設定

開ける時の力をひときわ軽減するサポート操作部品がラインアップ。サポートハンドルは快適な操作性に加え、和障子納まりと網戸対応に配慮したサポート引手も用意しています。

サポートハンドル

快適な操作性に加え、上質なインテリア空間を彩る
サポートハンドルサポートハンドルは、握りやすく力のかけやすいΦ28の断面です。

快適な操作性に加え、上質なインテリア空間を彩る
サポートハンドル

サポート引手

和障子納まりと網戸の対応には、形状からの突出感を抑えたサポート引手を用意。

和障子納まりと網戸対応に配慮した
サポート引手

操作部品のサイズと取付位置を最適に設定

人間工学に基づく実験の検証を重ね、引手・ハンドル、クレセントのひとつひとつについて、それぞれに最適なサイズ、操作範囲と高さを設定。家族誰もが安心して使える操作位置を実現しています。

操作部品のサイズと取付位置を最適に設定

※1:YKK AP/国立呉高専、YKK AP/日本大学「開口部の開閉操作性に関する研究」より抜粋
※2:長寿社会対応住宅設計マニュアル(住宅金融公庫・バリアフリー住宅仕様)より抜粋
※3:身体障害者の利用を考慮した建築設計標準より抜粋
※4:身長を基準とした概略値1.33より算出。建築資料集成より抜粋

ライフステージに合わせて取替可能なハンドルシステム

住む人が永く快適に使えるように、ライフステージに合わせて部品の仕様変更が簡単にできるサステイナブルデザインの思想を採用。ハンドルの加工穴を共用することにより、掘込引手から大型ハンドル、サポートハンドルへと取り替えることができます。

※ハンドルへの変更時には、網戸の寸法の変更やストッパー部品の取り付けが必要となります。

 

Security きめ細かな防犯対策

「生活水密」の視点から、大きな安心感を生むトータル性能へ。

部屋ごとに求められる水密性能は異なります。

南面:リビングルーム
テラス窓・R's 70Wb

テラス窓ではバルコニー床面がプール状になり、風雨が下枠を直撃する恐れもあります。

北面:洋室
腰窓

 

商品仕様

pagetop