YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

ショールーム便り バックナンバー

ショールーム便り バックナンバー

この冬、結露対策を考えてみませんか??

2014年1月14日 アドバイザーN

新年明けましておめでとうございます。

本年もYKK AP ショールーム品川を、どうぞよろしくお願いいたします。

今年は長いお正月休みを満喫された方も多かったと思います。
地元に帰ったり、旅行に出かけてみたりとリフレッシュできたのではないでしょうか?

私の地元は雪国新潟です。
こんこんと降り積もる雪を、ただぼや~っと眺めるのも雪国ならではの貴重な時間です。

そんな素敵な時間が流れる窓辺に結露がびっしりだったら少し残念な気持ちになってしまいます・・・。

なぜ結露は発生するのでしょう??
窓際の猫の写真 結露は住まいの環境や、生活条件次第で発生してしまう自然現象です。
温度と湿度によって、結露が発生するポイントである『露点温度』が決まります。
その露点温度になると結露が発生します。

つまり・・・
『湿気』が多い=湿度が高い⇒結露発生
『温度』が低い=温度差が生じる⇒結露発生
となります。

■こんなところから、こんなに湿気が発生します!
※数値は参考値です。実際とは異なる場合があります。

暖房(石油ストーブ)

人体

洗濯物の部屋干し

■こんなところは温度が低く、温度差が大きくなりやすい!
『窓枠や窓ガラス、玄関ドア』
『家具の後ろや押入れ』
『暖房をしていない寒い部屋』

こんなところは温度が低く、温度差が大きくなりやすい!

では、どうしたら結露を抑制できるのでしょうか??
ポイントは3つ!!

①換気を行う
寒い季節は窓を閉めっぱなしにしがちですが、お部屋に空気の流れを作りましょう。
②湿気の発生源を減らす
加湿器の過度の使用は控えましょう。
石油ストーブやガスファンヒーターではなく、エアコン・床暖房のような暖房機器がおススメです。
③断熱性の高い窓を選びましょう。
『遮熱・断熱効果のあるLow-E複層ガラス!』
『結露抑止効果のある樹脂フレーム!~おススメ商品APW330・310~』
エコ内窓プラマードU!』

ショールームにはたくさんの断熱窓があります。新築・リフォームご案内いたします。
結露が発生しやすいこの時期、是非ショールームで現物を見ながらご検討ください。

ショールームTOPへ戻る

おすすめのコンテンツ

関連コンテンツを見る

pagetop