YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

ショールーム便り
全国のショールームのアドバイザーがお届け!

ショールームでの活動や日々の業務を通じて感じたことなど、アドバイザーの声をご紹介します。

2月の新商品「APW431大開口スライディング」のご紹介

2016年2月5日 ショールーム新宿

皆様こんにちは。今週は、SR新宿からお届けいたします。
毎日寒い日が続きますね。
東京は寒いと思えば突然暖かくなったり…と暖冬の影響を受け、気温の変動がとても大きいです。
皆様も体調崩されないように、気をつけてくださいね。

さて前々回と前回のショールーム便りでは、ショールーム広島と福岡から、窓の断熱性能の違い・効果の紹介がありました。
そこでショールーム新宿からは、国内トップクラスの断熱性能の窓APW430シリーズに2月1日から仲間入りした新商品「APW431 大開口スライディング」をご紹介いたします。

いままで、「APW430」シリーズのラインアップには、たてすべり出し窓をはじめとする開き窓やFIX窓、ツーアクション窓などがありました。

そこに今回初めて、スライディングタイプが発売になりました!

片引きタイプなので、窓の片方はFIX窓になります。
ガラスの面積が大きいので、採光も眺望もバッチリですね!
左の写真のような偏芯タイプと、均等タイプが選べます。

気密性は引違い窓と比べて5分の1ととても性能がよく、大開口でも国内トップクラスの断熱性能を持つ窓なんです!

更に「APW431」ということで、全て樹脂フレームに加え、ガラスが3枚入っています。
窓の開け閉めが重たいのでは…?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
「APW431 大開口スライディング」は、業界初の“窓の開け閉めにあわせて傾き角度が変わる部品”(4連可傾戸車(よんれん かけい とぐるま)と言います)を使っていますので、開け閉めがとってもスムーズ。
開け始めの力を軽くしてくれるサポート機能もついていますので、開け閉めの重さはなんと従来の引違い窓の約10分の1なんです!
窓が大きくても、楽に開け閉めしていただけますよ。

また、カギは窓の端部にハンドルと一体化した戸先錠を採用しています。
スッキリした見た目に加えて凹凸が少ないので、お掃除もしやすいです。

断熱性能が高く、開け閉めもスムーズな「APW431 大開口スライディング」は、ショールーム新宿に展示がございます。

YKK APブースに入ってすぐ左手側です。

是非、見に来てくださいね!
ご来館を心よりお待ちしております☆

ショールームTOPへ戻る

おすすめのコンテンツ

関連コンテンツを見る

pagetop