YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

安全上のご注意(WEBカタログ)

玄関ドア・引戸

ドア

ドアの閉まりやカギのかかりをよくする

ドアの閉まりが悪い時は、部品の位置調整で改善できます。

POINT
「かんぬき」と「穴」のズレを解消

長年使っているうちにドアが閉まりにくくなったり、ロックがかかりにくいといった不具合が生じてきたら、ドア本体のかんぬき(ラッチ、デットボルト、グレモンピン)と、ドア枠側の穴(ラッチ受け、錠受け、グレモン受け)がズレてきていないか確かめてみてください。
枠側のラッチ受け、錠受け、グレモン受けを調整することでズレを解消できます。

ラッチ受け・錠受けの調整方法

商品によって部品の形状が異なります

調整の際はドアを開け、閉まらないようにドアストッパーなどで固定してください。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。

  2. 2 位置を調整する

    ・上部錠受け:調整板を左右に動かして調整します。
    (調整範囲5mm)

    ・下部錠受け:錠受け全体を左右に動かして調整します。
    (調整範囲6mm)

  3. 3 ネジをしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

調整の際はドアを開け、閉まらないようにドアストッパーなどで固定してください。

ラッチ受け
  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわします。調整ネジを1/8回転(45°)まわすごとに、調整板が左右方向に1mm単位で移動します。

錠受け
  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。

  2. 2 位置を調整する

    錠受け全体を上下左右に動かして調整します。

  3. 3 ネジをしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

調整の際はドアを開け、閉まらないようにドアストッパーなどで固定してください。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。

  2. 2 位置を調整する

    ラッチ受けまたは錠受けを上下左右に動かして調整します。

    ※商品によって調整方向が左右のみの場合があります。

  3. 3 ネジをしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

ドアの閉まりやカギのかかり具合が悪い場合は、手順1~3を繰り返し、ラッチ受けまたは錠受けの位置を調整してください。

グレモン受けの調整方法

商品によって部品の形状が異なります

調整の際はドアを開け、閉まらないようにドアストッパーなどで固定してください。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。

  2. 2 位置を調整する

    グレモン受けを上下左右に動かして調整します。

    ※商品によって調整方向が左右のみの場合があります。

  3. 3 ネジをしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

他のグレモン受けも手順1~3を行って同様に調整してください。

pagetop