YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

必ずお読みください

室内ドア・間仕切ほか

室内ドア

ハンドルまわりを改善する

ハンドルがガタつく場合は、ハンドルのネジをしめ直してください。
ドアが閉まりにくかったり、閉めた時にガタつく場合は、ラッチ受けの位置を調整してください。
戸襖ドアも同じ手順で調整できます。

ハンドルのガタつき調整方法
  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  2. 2 ハンドルをはずす

    ドアの両側からハンドルを持ち、引き抜きます。

  3. 3 カバーをはずす

    カバーの下部にあるくぼみにマイナスドライバーを差し込んで、カバーをはずします。

  4. 4 台座のネジをしめる

    台座のネジ(2か所)がゆるんでいる場合は、プラスドライバーを時計回りにまわしてネジをしめます。
    その際、ハンドルを扉に仮付けし、スムーズに操作できるか確認します。台座が変形しないようにしめ過ぎにご注意ください。

  5. 5 ハンドルを取り付ける

    カバーの下部にあるくぼみと台座下部のくぼみを合わせ、くぼみが下向きになるよう取り付け、ハンドルをドアの前後から差し込み確実に押し込みます。

  6. 6 固定ネジをしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

ラッチ受けの調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

調整の際はドアを開けて固定してください。

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  2. 2 位置を調整する

    ラッチ受けの調整部を左右に動かして調整します。
    ドアが閉まりにくい場合はドアが開く方向に移動し、ドアがガタつく時はドアが閉まる方向に移動します。

    ※調整範囲は±2.5mm(親子ドアは±1.5mm)です。

  3. 3 固定ネジをしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

調整の際はドアを開けて固定してください。

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  2. 2 位置を調整する

    ラッチ受けの座板を左右に動かして調整します。
    ドアが閉まりにくい場合はドアが開く方向に移動し、ドアがガタつく時はドアが閉まる方向に移動します。

    ※調整範囲は±1.5mmです。

  3. 3 固定ネジをしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

pagetop