YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

必ずお読みください

室内ドア・間仕切ほか

室内ドア

建付けやスキマを直す

ドアが枠や床に当たったりこすれたりして開け閉めしにくい場合、建付けを調整することができます。

POINT

原因は扉の傾き

建付けの悪さは、扉の傾きやズレが原因と考えられます。扉を枠に固定している「ピボットヒンジ」または「丁番」を調整して改善できます。

扉が上枠や床にぶつかる場合

扉の位置が上すぎる、または下すぎると考えられます。

ピボットヒンジまたは丁番を上下方向に調整してください。

ピボットヒンジ仕様

丁番仕様

扉が左右の枠にぶつかる場合

扉が傾いていると考えられます。

ピボットヒンジまたは丁番を左右方向に調整してください。

ピボットヒンジ仕様

丁番仕様

扉が前後に傾いている場合

ピボットヒンジまたは丁番を前後方向に調整してください。

ピボットヒンジ仕様

丁番仕様

オプション部品
「ボトムエアタイト」もチェック

ボトムエアタイトは、ドアと床のすき間を調整するための部品です。ドアを閉めると調整ロッドが押され、ドアの下にボトムエアタイトが出る仕組みになっています。すき間風が気になる場合は、ボトムエアタイトの高さを調整してください。

建付け調整方法
上下の調整
  1. 1 下ピボットのカバーをはずす

    カバーの脱着を繰り返すとカバーの引っかかりが弱くなり、カバーがはずれやすくなります。
    お子様がはずしたりしないようご注意ください。

  2. 2 上下調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわすことでドアの高さを調整できます。

  3. 3 下ピボットのカバーをはめる
左右の調整
  1. 1 上下ピボットのカバーをはずす

    ※上のピボットカバーは下向きにはずしてください。

    カバーの脱着を繰り返すとカバーの引っかかりが弱くなり、カバーがはずれやすくなります。
    お子様がはずしたりしないようご注意ください。

  2. 2 左右調整ネジをまわす

    プラスドライバーで上下ピボットの調整ネジをまわすことでドアを戸先側または吊り元側へ調整できます。

    上下のピボットヒンジを調整してください。どちらか片方のみ調整すると、ドアが斜めに調整されます。

  3. 3 上下ピボットのカバーをはめる

    ※上のピボットカバーは上向きにはめてください。

前後の調整
  1. 1 上下の丁番の固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわしてゆるめます。

    ※ネジがかたい場合は、ドアを持ち上げながらまわすとまわしやすくなります。

    ※スクリーンパ-ティションの場合は上部の固定ネジも4か所です。

  2. 2 ドアを持って前後位置を調整する
  3. 3 固定ネジをしめる

    ドアの位置を固定した状態でプラスドライバーを時計回りにまわします。

    注意

    調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。丁番が破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

上下の調整
  1. 1 下部丁番のキャップをはずす
  2. 2 上下調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわすことでドアの高さを調整できます。

    ※調整範囲は±2.5mmです。

    ※重量のあるドアの場合、ドアを持ち上げた状態で固定すると調整しやすくなります。

  3. 3 下部丁番のキャップをはめる
左右の調整
  1. 1 丁番の固定ネジ(2か所)をゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  2. 2 左右調整ネジをまわす

    プラスドライバーで上下丁番の調整ネジをまわすことでドアを戸先側または吊り元側へ調整できます。

    上下の丁番を調整してください。どちらか片方のみ調整すると、ドアが斜めに調整されます。

  3. 3 固定ネジ(2か所)をしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

    注意

    調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。丁番が破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

前後の調整
  1. 1 丁番の固定ネジ(2か所)をゆるめる

    ※プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  2. 2 前後調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわすことでドアを前後に調整できます。

  3. 3 固定ネジ(2か所)をしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

    注意

    調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。丁番が破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

ボトムエアタイト(オプション)の調整方法

調整の際はドアを開けて固定してください。

  • 調整ロッドをまわす

    マイナスドライバーで調整ロッドをまわすことでボトムエアタイトの出る高さを調整できます。ボトムエアタイトと床との距離が5~15mmになるよにし、ドアを閉めた時、ボトムエアタイトが床面に当たるように調整してください。

pagetop