YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

必ずお読みください

室内ドア・間仕切ほか

折戸ドア

建付けを直す

ドアが枠や床に当たったりこすれたりして開け閉めしにくい場合、建付けを調整することができます。

POINT

原因は扉の傾き

ドアが枠や床などにぶつかるのは、扉の取付け位置がずれて扉が傾いていると考えられます。
これを部品の調整で改善できる場合があります。

扉が上枠や床にぶつかる場合

扉の位置が上すぎる、または下すぎると考えられます。

上軸部品・吊車を上下方向に調整する必要があります。

扉が左右の枠にぶつかる場合

商品をお求めの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室へご相談ください。

折戸ドアの建付け調整方法(上軸部品・吊車)
  1. 1 折戸ドアを開け、
    上軸部品の上下位置を調整する

    プラスドライバーで上軸部品の調整
    ネジをまわします。

  2. 2 ドアの高さを調整する

    プラスドライバーで吊車の調整ネジ
    をまわします。

    ※調整範囲は上4mm、下2mmです。

pagetop