YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

安全上のご注意(WEBカタログ)

室内ドア・間仕切ほか

室内引戸・間仕切(スライディングタイプ)

カギのかかりをよくする

ロックしても扉がガタついたり、ロックしにくくなった場合は、錠受けを調整します。
また、戸車・吊車で扉の上下調整をした場合にも、錠受け位置をあわせて調整する必要があります。

錠受けの調整方法
上下方向の調整
  1. 1 錠受けの固定ネジ(2か所)をゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

  2. 2 錠受けの上下位置を調整する

    錠受けを指で動かします。

    ※調整範囲は±5mmです。

  3. 3 錠受けを固定した状態で、
    固定ネジ(2か所)をしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

前後方向の調整
  • 錠受けの前後位置を調整する

    プラスドライバーで前後調整ネジをまわします。

    ・錠をかけた時にガタつきがある場合:反時計回りにまわします。

    ・錠がかけにくい場合:時計回りにまわします。

    ※錠受けの内部が動きます。

    ※調整範囲は±2.5mmです。

上下方向の調整
  1. 1 錠受けのカバーをはずす

    カバーの上下を持ち、手前に平行に引いてはずします。

  2. 2 錠受けのベース取り付けネジ(3か所)をゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ※ネジをまわしすぎないでください。ネジがはずれるおそれがあります。

  3. 3 錠受けの位置を調整する

    錠受けを上下に動かします。

  4. 4 ベース取り付けネジ(3か所)をしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

  5. 5 カバーをはめる

    カバーの上下を持ち、平行にはめます。

左右方向の調整
  • 錠受けの左右位置を調整する

    プラスドライバーで左右調整ネジをまわします。

    ※錠受けの内部が移動するため、目視では確認できません。

前後方向の調整
  1. 1 錠受けの固定ネジ(2か所)をゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ※ネジをまわしすぎないでください。ネジがはずれるおそれがあります。

  2. 2 錠受けの前後位置を調整する

    錠受けをつかんで動かします。

  3. 3 錠受けを固定した状態で、
    固定ネジ(2か所)をしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

pagetop