YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

安全上のご注意(WEBカタログ)

室内ドア・間仕切ほか

室内引戸・間仕切(スライディングタイプ)

建付けやスキマを直す

引戸がスムーズに開閉しない。閉めてもスキマができる。それは、引戸が傾いているためかもしれません。

POINT

原因は扉のズレや傾き

開閉の不具合やすき間ができるのは、扉の取付け位置がずれていたり傾いていると考えられます。引戸や間仕切(スライディングタイプ)には、大きく分けて「上吊りタイプ」と「ラウンドレールタイプ」があり、調整箇所・方法が異なります。

タテ枠と引戸にすき間ができる

引戸を閉まりやすくする部品「上レールキャッチ」に問題がある可能性があります。

※ソフトクローズ機構付きの場合、上レールキャッチはありません。

上レールキャッチの位置や開閉力を調整してください。

位置調整

開閉力の調整

袖壁と引戸にすき間ができる

中方立に沿ってついた繊維状の部品「モヘア」の長さを調整することで、適度にすき間をふさぐことができます。

中方立モヘアの調整(室内引戸のみ)

※間仕切にはモヘアがありません。

上や下にすき間ができる

引戸が傾いていると考えられます。

吊車や戸車を上下に調整して高さを揃えてください。

上吊りタイプ(吊車の調整)

ラウンドレールタイプ(戸車の調整)

引戸同士がぶつかる

引戸同士が近すぎると考えられます。

吊車や戸車を前後に調整して引戸同士を引き離してください。

上吊りタイプ(吊車の調整)

ラウンドレールタイプ(戸車の調整)

上レールキャッチ調整方法
左右の調整
  1. 1 引戸を開け、ネジ(2か所)をゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

  2. 2 左右位置を調整する

    上レールキャッチを指でつかんで、タテ枠と引戸にすき間ができないように位置を調整します。

  3. 3 ネジ(2か所)をしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

開閉力の調整
  1. 1 引戸を開け、中央のネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

  2. 2 開閉力を調整する

    プラスドライバーで中央のネジを移動させます。

  3. 3 ネジをしめる

    プラスドライバーで時計回りにまわします。

中方立モヘアの調整方法(室内引戸のみ)
  • 調整ネジをまわす

    中方立にある調整ネジをまわすとモヘアの長さが変わります。引戸とモヘアのすき間が1~2mmになるよう調整します。

吊車・戸車の調整方法
上下の調整
  1. 1 [スクリーンパーティションの場合]
    緩衝材をめくってネジ穴を露出させる
  2. 2 吊車の上下調整ネジをまわす

    プラスドライバーでまわして扉の高さを調整します。

    ※調整範囲は、「ラフォレスタ」は±3mm、「スクリーンパーティション」は±5mmです。

    吊車は調整範囲内で調整を行ってください。
    調整範囲限界で調整ネジが固くなり、まわしづらくなりますので、それ以上まわさないでください。部品が破損し、調整できなくなるおそれがあります。

錠付の室内引戸・間仕切を上下に調整した場合は、あわせて錠受け位置の調整も行ってください。

前後の調整
  • 吊車の前後調整ネジをまわす

    プラスドライバーでまわして扉の前後位置を調整します。

    ※調整範囲は±2mmです。

    吊車は調整範囲内で調整を行ってください。
    調整範囲限界で調整ネジが固くなり、まわしづらくなりますので、それ以上まわさないでください。部品が破損し、調整できなくなるおそれがあります。

上下の調整
  1. 1 [スクリーンパーティションの場合]
    緩衝材をめくってネジ穴を露出させる
  2. 2 戸車の上下調整ネジをまわす

    プラスドライバーでまわして扉の高さを調整します。

    ※調整範囲は、「ラフォレスタ」は±3mm、「スクリーンパーティション」は上に3mm、下に5mmです。

錠付の室内引戸・間仕切を上下に調整した場合は、あわせて錠受け位置の調整も行ってください。

前後の調整※「ラフォレスタ」のみ
  • 戸車の前後調整ネジをまわす

    プラスドライバーでまわして扉の前後位置を調整します。

    ※調整範囲は±1.5mmです。

    ※「スクリーンパーティション」の室内引戸・間仕切は、前後の調整はできません。

pagetop