YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

安全上のご注意(WEBカタログ)

室内ドア・間仕切ほか

和襖・和障子

引戸のガタツキを直す

引戸がスムーズに開閉しない。スキマ風でスースーする。それは、引戸が傾いているためかもしれません。

POINT

引戸の傾きは戸車で調整する

引戸の下(各戸の左右両端)には、引戸がレールをスムーズに走行するための車輪状の部品「戸車」がついています。開閉がガタついたり、閉めてもスキマができるのは、戸車の高さが揃わず引戸が傾いていることが考えられます。戸車の高さを調節してみましょう。

上部のガタツキは
「調整片」で調整する

和襖や和障子がガタついた場合は、引戸の上部(戸首)にある調整片の向きを変えることで、引戸の扉と上枠レールとのすき間を適度にし、ガタつきを解消することができます。

戸車の調整方法

タイプによって調整方法が異なります。

  1. 1 (キャップがついている場合)
    キャップをはずす

    ※はずしたキャップをなくさないように注意してください。

  2. 2 調整ネジをまわす

    錠受けを指で動かします。

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

  3. 3 (キャップがついていた場合)
    キャップをはめる
  • 調整ダイヤルをまわす

    調整ダイヤルをまわして戸車を上下に調整します。

調整片の調整方法

引戸を持ち上げて取りはずしてから、調整を行ってください。

  • 調整片をはずし、
    向きを変えて差し込む

    調整片の凸部の寸法が異なるため、向きによって戸首の奥行きを19、20、21、21.5mmの4段階に変えられます。上枠レールと適度なすき間ができるように調整してください。

pagetop