YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

必ずお読みください

収納

クローゼット 折戸タイプ

建付けやスキマを直す

折戸の上下にすき間ができたり、折戸同士がぶつかる場合は、折戸の高さや位置調整することができます。

POINT

まずは調整可能なタイプか確認

クローゼットドアの折戸には、フリータイプと固定タイプがあります。

フリータイプ

吊元側(両サイド)をキャッチからはずして扉を移動できるタイプ。
建付け調整が可能です。

固定タイプ

吊元側(両サイド)が完全に固定されたタイプ。
建付け調整は、商品をお求めの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室にご相談ください。

原因は扉の傾き

すき間ができたり、折戸同士がぶつかるのは、
折戸の取付け位置がズレて扉が傾いていると考えられます。

上や下にすき間があったり、
上下の枠にぶつかる

吊車を上下方向に調整してください。

中央にすき間があったり、
折戸同士がぶつかる

吊車を左右方向に調整してください。

建付け調整方法
上下の調整

※直付下枠の場合、下キャッチの形状が異なりますが、同様の手順です。

  1. 1 上枠・下枠のキャッチから扉をはずす

    ハンドルを持って折戸を閉める方向に引いて、上枠・下枠のキャッチをはずします。

    警告扉を完全に折りたたんだ状態でスライドさせないでください。吊車が破損し、扉が脱落して思わぬけがや事故につながるおそれがあります。

    扉を折りたたんで左右に移動する場合は、必ず中央部を持って静かにスライドさせてください。無理にスライドさせたり、折戸の上下端部を持ってスライドさせると、商品が破損するおそれがあります。

  2. 2 吊車の上下調整ネジをまわす

    プラスドライバーでまわして折戸の高さを調整します。

    吊車は調整範囲内で調整を行ってください。調整範囲限界で調整ネジが固くなりまわしづらくなりますので、それ以上まわさないでください。部品が破損し、調整できなくなるおそれがあります。

  3. 3 上枠・下枠のキャッチに扉を固定する

    ハンドルを持って折戸を枠側へ押し込み、上枠・下枠のキャッチにはめます。

左右の調整

※直付下枠の場合、下キャッチの形状が異なりますが、同様の手順です。

  1. 1 上枠・下枠のキャッチから扉をはずす

    ハンドルを持って折戸を閉める方向に引いて、上枠・下枠のキャッチをはずします。

    警告扉を完全に折りたたんだ状態でスライドさせないでください。吊車が破損し、扉が脱落して思わぬけがや事故につながるおそれがあります。

    扉を折りたたんで左右に移動する場合は、必ず中央部を持って静かにスライドさせてください。無理にスライドさせたり、折戸の上下端部を持ってスライドさせると、商品が破損するおそれがあります。

  2. 2 上キャッチの固定ネジ(2か所)をゆるめる

    プラスドライバーでまわして折戸の高さを調整します。

  3. 3 上キャッチの位置を調整する

    ※固定ネジの穴は長穴になっています。

  4. 4 上キャッチの固定ネジ(2か所)をしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

  5. 5 下キャッチの固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  6. 6 下キャッチの位置を調整する
  7. 7 下キャッチの固定ネジをしめる

    プラスドライバーを時計回りにまわします。

  8. 8 上枠・下枠のキャッチに扉を固定する

    ハンドルを持って折戸を枠側へ押し込み、上枠・下枠のキャッチにはめます。

pagetop