YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

安全上のご注意(WEBカタログ)

収納

クローゼット 開き戸タイプ

建付けやスキマを直す

開き戸が閉まりにくかったり、枠にぶつかる場合は、建付けを調整することができます。

POINT

原因は扉の傾き

ドアが枠や床などにぶつかるのは、扉の取付け位置がズレて扉が傾いていると考えられます。
これは、扉を枠に固定している丁番(クローゼットの高さによって数は異なります)を調整して改善できます。

扉が上枠や下枠にぶつかる

丁番を上下方向に調整してください。

扉同士や左右の枠にぶつかる

丁番を左右方向に調整してください。

扉が前後に傾いている

丁番を前後方向に調整してください。

消音ダンパーの取りはずし・取りつけ方

建付け調整は消音ダンパーを取りはずした状態で行います。

取りはずし方
  • 矢印方向に引っぱってはずす

    消音ダンパーは扉に1つ付けられており、丁番が2、3個の場合は1番上、4個の場合は上から2番目にあります。

取りつけ方
  • ①丁番の四角いくぼみに消音ダンパーの突起を当てて、
    ②後ろ側を押し込む

    消音ダンパーの位置をしっかり合わせてから押し込んでください。位置がずれたまま押し込むと突起が変形し、消音ダンパーが落下したり破損するおそれがあります。

建付け調整方法
上下の調整

はじめに、消音ダンパーを取りはずしてください。

  • 上下調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわして扉の高さを調整します。

    ※同じ扉に付いている丁番は、すべて同じ調整を行ってください。

調整後は、消音ダンパーを取りつけてください。

左右の調整

はじめに、消音ダンパーを取りはずしてください。

  • 左右調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわして扉の傾き(左右)を調整します。

調整後は、消音ダンパーを取りつけてください。

前後の調整

はじめに、消音ダンパーを取りはずしてください。

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーを反時計回りにまわします。

  2. 2 扉の前後位置を調整する

    丁番を直接動かして調整します。

  3. 3 固定ネジをしめる

    扉の位置を固定した状態で、プラスドライバーを時計回りにまわします。

調整後は、消音ダンパーを取りつけてください。

pagetop