YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

安全上のご注意(WEBカタログ)

引違い窓/片引き窓/両袖片引き窓

ガタツキやスキマを直す

窓がスムーズに開閉しない。スキマ風でスースーする。それは、窓がまっすぐに立っていないためかもしれません。

POINT
窓の傾きは戸車で調整する

窓の下(各窓の左右両端)には、窓がレールをスムーズに走行するための車輪状の部品「戸車」がついています。開閉がガタついたり、閉めてもスキマができるのは、窓が傾いていることが考えられます。戸車の高さを調節してみましょう。

※戸車を調節した後には、あわせて下部摺動片の調
整(下記)やクレセントの調整も行ってください。

スキマをふさぐ部品「下部摺動片」もチェック

不具合の原因は、窓とレールとの間のスキマをふさぐ部品「下部摺動片」にある可能性も。スキマをふさぎすぎると窓が動かしにくくなり、スキマを空けすぎると気密性が悪くなります。

戸車の調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

※Lite Uは戸車調整ができません。

室内側と室外側で形状が異なります

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

テラスタイプはネジ穴の位置が異なります。

室内側と室外側で形状が異なります

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

テラスタイプはネジ穴の位置が異なります。

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

室内側と室外側で形状が異なります

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

室内側と室外側で形状が異なります

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

片引き窓/両袖片引き窓は部品の形状が異なります。

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

下部摺動片の調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

※プラマードⅢ、プラマードU、Lite U、APW330片引き窓/両袖片引き窓には下部摺動片がありません。

室内側と室外側で形状が異なります

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 下部摺動片を上下に調整し、ネジをしめる

    下部摺動片とレールとの間にスキマができないように調整します。
    ただし、下げすぎるとレールにひっかかりやすくなり、開閉時のガタツキの原因になります。窓の開閉を試しながら位置を決めてください。

テラスタイプはネジの位置が異なります。

室内側と室外側で形状が異なります

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 下部摺動片を上下に調整し、ネジをしめる

    下部摺動片とレールとの間にスキマができないように調整します。
    ただし、下げすぎるとレールにひっかかりやすくなり、開閉時のガタツキの原因になります。窓の開閉を試しながら位置を決めてください。

テラスタイプはネジの位置が異なります。

室内側と室外側で形状が異なります

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 下部摺動片を上下に調整し、ネジをしめる

    下部摺動片とレールとの間にスキマができないように調整します。
    ただし、下げすぎるとレールにひっかかりやすくなり、開閉時のガタツキの原因になります。窓の開閉を試しながら位置を決めてください。

室内側と室外側で形状が異なります

  1. 1 固定ネジをゆるめる

    プラスドライバーで反時計回りにまわします。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 下部摺動片を上下に調整し、ネジをしめる

    下部摺動片とレールとの間にスキマができないように調整します。
    ただし、下げすぎるとレールにひっかかりやすくなり、開閉時のガタツキの原因になります。窓の開閉を試しながら位置を決めてください。

  • 調整ネジをまわす

    プラスドライバーで調整ネジをまわして下部摺動片を上下に調整します。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

pagetop