YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

商品のお手入れ方法

必ずお読みください

引違い窓/片引き窓/両袖片引き窓

窓を取りはずしてお手入れする

レールにホコリが溜まって窓が開閉しにくいなど、汚れが特にひどい場合などには、
窓を取りはずして掃除することができます。

POINT
窓には「はずれ止め」
がついている

このタイプの窓には、強風などで窓が脱落しないよう窓の上部に「はずれ止め」がついており、これを解除するためドライバーが必要になります。

※詳しくはこちら:はずれ止めとは

最後は必ず再セットを

窓を取りつけ直すときには必ず、はずれ止めを再セットしてください。
再セットしないと、窓が落下するなど危険な事故の原因になります。

窓の取りはずし方

ガラスの入った窓は重量が重くなっています。窓の取りはずし、取り付けを行う際は、2人以上で作業を行い取り扱いには十分注意してください。
APW501は取りはずしが困難ですので窓をつけたままお手入れしてください。

商品によって部品の形状や方法が異なります。

※室内側へ取りはずしてください。

  1. 1 [片引き窓のみ]
    障子ストッパーを解除する

    片引き窓には、普段動かない固定部分(=室外側の窓)があります。ストッパーを解除することで、これも取りはずせるようになります。

  2. 2 左右の窓を行き違わせる

    左右の窓を互いに行き違わせるようにずらします。

    ※これを行わないと次の手順で窓同士がぶつかってうまくいきません。

  3. 3 室内側の窓をレールの間に下ろす

    窓を持ち上げ、室内側レールと室外側レールの間に下ろします。

    上レールから窓がはずれます。
    窓をしっかり持って作業してください。

  4. 4 上枠から窓をはずす

    窓の上部を手前に引いて枠からはずします。

  5. 5 室外側の窓を一度室外側に出す

    室外側の窓上部のはずれ止めを解除した後、窓を持ち上げて下部を外側に出します。

  6. 6 上枠から窓をはずし室内に引き入れる

    窓の上部を手前に引いて枠からはずします。

窓を取りつける時は、逆の手順で行ってください。

※最後には必ず、はずれ止めを再セットしてください。

※室外側へ取りはずしてください。

  1. 1 障子ストッパーを解除する ※室内側から

    両袖片引き窓には、普段動かない固定部分(=室外側の窓)があります。ストッパーを解除することで、これも取りはずせるようになります。

  2. 2 室外側の窓をはずす ※室外側から

    室外側の窓上部のはずれ止めを解除した後、窓を持ち上げ、下部から室外側に出します。

  3. 3 室内側の窓をはずす ※室外側から

    窓を持ち上げ、下部を手前に引いて室外側に出します。

窓を取りつける時は、逆の手順で行ってください。

※最後には必ず、はずれ止めを再セットしてください。

※室内側へ取りはずしてください。

  1. 1 [片引き窓/両袖片引き窓のみ]
    障子ストッパーを解除する

    片引き窓や両袖片引き窓には、普段動かない固定部分(=室外側の窓)があります。ストッパーを解除することで、これも取りはずせるようになります。

  2. 2 室内側の窓をはずす

    室内側の窓を持ち上げ、窓の下部を手前に引いて下レールからはずします。

  3. 3 室外側の窓をはずす

    室外側の窓上部のはずれ止めを解除し、窓を持ち上げ、窓の下部を手前に引いて下レールからはずします。

窓を取りつける時は、逆の手順で行ってください。

※最後には必ず、はずれ止めを再セットしてください。

※室内側へ取りはずしてください。

APW330片引き窓・両袖片引き窓は、最初に室内側の窓のはずれ止めを解除する必要があります。

  1. 1 室内側の窓をはずす

    室内側の窓を持ち上げて下部から手前に引き入れます。

  2. 2 [引違い窓のみ]
    室外側の窓をはずす

    室外側の窓上部のはずれ止めを解除した後、窓を持ち上げて下部から手前に引き入れます。

    ※APW310・APW330の片引き窓・両袖片引き窓の場合は、室外側の窓(固定窓)は取りはずせません。

窓を取りつける時は、逆の手順で行ってください。

※最後には必ず、はずれ止めを再セットしてください。

はずれ止めの解除方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 はずれ止め部品を下げる

    ドライバーを差し込んで内部のはずれ止め部品を下げます。

  3. 3 ネジをしめる

    固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

はずれ止めを再セットする時は逆の手順で行ってください。
はずれ止めをしっかり押し上げてネジをしめ直してください。
最後に窓を持ち上げるようにして窓がレールからはずれないことを確認してください。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで調整ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 はずれ止め部品を下げる

    そのままネジごと内部のはずれ止め部品を下げます。

  3. 3 ネジをしめる

    調整ネジを時計回りにまわしてしめます。

はずれ止めを再セットする時は逆の手順で行ってください。
はずれ止めをしっかり押し上げてネジをしめ直してください。
最後に窓を持ち上げるようにして窓がレールからはずれないことを確認してください。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 はずれ止め部品を下げる

    ドライバーを差し込んで内部のはずれ止め部品を下げます。

  3. 3 ネジをしめる

    固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

はずれ止めを再セットする時は逆の手順で行ってください。
はずれ止めをしっかり押し上げてネジをしめ直してください。
最後に窓を持ち上げるようにして窓がレールからはずれないことを確認してください。

  1. 1 ネジをゆるめる

    プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

    ネジは絶対にはずさないでください。
    窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

  2. 2 はずれ止め部品を下げる

    そのままネジごとはずれ止め部品を下げます。

  3. 3 ネジをしめる

    固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

はずれ止めを再セットする時は逆の手順で行ってください。
はずれ止めをしっかり押し上げてネジをしめ直してください。
最後に窓を持ち上げるようにして窓がレールからはずれないことを確認してください。

  1. 1 窓を少し開ける

    枠上部のはずれ止め部品が見えるようになります。

  2. 2 ネジをまわしてはずれ止め部品を上げる

    調整ネジをドライバーで時計まわりにまわすと、はずれ止め部品が上がり、窓が取りはずせるようになります。

はずれ止めを再セットする時は逆の手順で行ってください。
調整ネジを反時計まわりにまわして、はずれ止め部品を下げてください。
最後に窓を持ち上げるようにして窓がレールからはずれないことを確認してください。

pagetop