YKK APは、窓を通じて、
より豊かな社会づくりに貢献していきます。

玄関ドア・勝手口ドア

現象・兆候 考えられる原因 対処方法
■ドアを閉じた状態でドアがガタガタする。 ラッチボルト、デットボルトとストライクの位置が合っていない。 錠受を調整してください。
■ドアを開け閉めするとドアがグラグラする。 丁番取付ねじがゆるんでいる。 枠側、ドア側ともに丁番取付ねじを締めつけるとともに、併せて錠受を調整してください。
■ドアを開け閉めするとドアが枠にこすれる、または当る。 丁番取付ねじがゆるんでいる。 枠側、ドア側ともに丁番取付ねじを締めつけるとともに、併せて錠受を調整してください。
地震、地盤沈下などにより建物が傾いている。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
■ドアの開閉ができなくなった。 丁番・ピポットヒンジが破損している。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
錠が破損している。
ハンドルの内部機構が破損している。
■ドアを開け閉めすると、きしみ音などの異音がする。 ドアクローザ取付ねじがゆるんでいる。 取付ねじを締めつけてください。
ドアクローザから油が漏れている。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
丁番・ピボットヒンジの軸部品部分が経年劣化によりすりへっている。
■キーの差し込みがスムーズにできない、または差し込んでもスムーズに操作できない。 合鍵が正規のキーと一致していない。 正規のキーで操作をしてください。
鍵穴内部が凍結している。(冬季) 市販の凍結防止材・解氷材(スプレー式)をふきかけてください。ただし、お湯は絶対にかけないでください。再凍結や腐食のおそれがあります。
鍵穴内部に汚れ、ホコリがついている。 キー、鍵穴の清掃をしてください。それでも操作出来ない場合は錠の内部機構の腐食、故障などが考えられますので、まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
キーが変形している。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
■錠がかかりにくくなった、またはかからない。 ラッチボルト、デットボルトとストライクの位置が合っていない。 錠受を調整してください。
丁番取付ねじがゆるんでいる。 枠側、ドア側ともに丁番取付ねじを締めつけるとともに、併せて錠受を調整してください。
地震、地盤沈下などにより建物が傾いている。 まず、お取扱いの建築会社様、工務店様、または販売店様に修理依頼をしてください。
■フランス落しが作動しにくくなった、または動かない。 フランス落しロッド棒の操作機構が錆びている。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
フランス落しロッド棒が曲がっている。 市販の凍結防止材・解氷材(スプレー式)をふきかけてください。ただし、お湯は絶対にかけないでください。再凍結や腐食のおそれがあります。
■ドアの閉じる速度が変わった。 ドアクローザの調整速度がずれた。 ドアクローザの速度の調整をしてください。