YKK APは、窓を通じて、
より豊かな社会づくりに貢献していきます。

雨戸

現象・兆候 考えられる原因 対処方法
■施錠する際に錠がかかりにくくなった、またはかからない。 雨戸錠本体と受けの位置が合っていない 受けを調整してください。
戸車の高さが合っていない。 戸車調整をしてください。
雨戸錠本体と受けが破損している。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
■雨戸がスムーズに開け閉めできない。 はずれ止めの高さが合っていない。 はずれ止め調整をしてください。
下枠レールにゴミなどがついている。 清掃をしてください。
戸車にキズがついたり、すりへっているなど不具合が生じている。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
枠と窓の部品(振れ止め、気密材)にこすれがある。
経年変化により鴨居が下がり、柱に傾きが生じ、上枠が下がったり、枠全体が傾いている。
■全閉施錠した状態ですき間が見える。 戸車の高さが合っていない。 戸車調整をしてください。
雨戸錠本体と受けの位置が合っていない。 受けを調整してください。
経年変化により鴨居が下がり、柱に傾きが生じ、上枠が下がったり、枠全体が傾いている。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
■雨戸を開け閉めする時に異音がする。 下枠レールにごみなどがついている。 清掃をしてください。
戸車にキズがついたり、すりへっているなど不具合が生じている。 まずお取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼してください。
枠と雨戸の部品(振れ止め、気密材)のこすれがある。
上枠、下枠レールにキズ、変形がある。
経年変化により鴨居が下がり、柱に傾きが生じ、上枠が下がったり、枠全体が傾いている。