YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

安全・安心、快適のポイント

安全・安心に過ごすために

ドア・窓などは日常、何気なく使用していると思いますが、ちょっとの不注意がけがにつながることがあります。
また、ドア・窓などは繰り返しの開閉などによって、開閉部品などのネジがゆるむことがあります。
ネジがゆるんだまま使い続けると、扉のはずれなどにつながりますので、下記の「YKK AP 保守点検項目」を参考に定期的な点検をお願いします。
日常生活の中で注意していただきたいポイントと事故例を以下に紹介しますので、家庭内でのけが防止の参考にしてください。
なお、この事故例は、弊社の調査に基づいた内容で掲載しておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

<参考>

YKK AP 保守点検項目別ウインドウで開きます

具体的な事故例PDFが開きます


1. ドアについてのご注意

ドアの開閉時には、丁番側のすき間に絶対に手を置かないでください。指をはさんで大けがをするおそれがあります。
特にお子様にはご注意ください。

具体的な事故例PDFが開きます

ドア開閉時に、扉の下端部に足があたらないようにしてください。足を挟んでけがをするおそれがあります。
特にお子様やサンダル履きでの開閉のさいにはご注意ください。

具体的な事故例PDFが開きます

ドアの開閉にあたっては必ずドアハンドルを持って操作してください。ドアハンドルから手を放したり、ドアの先端に手を置くと、突風などでドアが急に閉まったとき、ドアと枠の間で指をはさみ思わぬけがをするおそれがあります。特にお子様にはご注意ください。

風の強いときはドアを閉めて、必ず鍵をかけてください。風によりドアが急に開閉することがあり、ドアの破損やけがにつながるおそれがあります。

ドアポストの奥まで手を入れないでください。
ポスト口のふたに手や指をはさんだ際に、そのまま抜こうとすると、ふたの端部でけがをするおそれがあります。
特にお子様にはご注意ください。

具体的な事故例PDFが開きます


2. 引戸についてのご注意

引戸の開閉時には、引戸のすき間に絶対に手を置かないでください。指をはさんで大けがをするおそれがあります。
特にお子様にはご注意ください。

引戸の開閉にあたっては必ず引手を持って操作してください。


3. 折戸についてのご注意

折れ戸の開閉にあたっては、扉どうしのすき間や扉と枠のすき間に手を置かないでください。扉を折りたたむ時に、扉と扉の間にすき間が生じ、このすき間に指をはさんだまま扉を閉めると大きなけがにつながるおそれがあります。
乳幼児が単独で操作を行わないよう、また乳幼児が近くにいる時の扉の開閉に十分ご注意ください。

具体的な事故例PDFが開きます


4. 浴室出入口についてのご注意

浴室への出入りの際は、出入口の下枠を踏まないようご注意ください。
水や洗剤の影響により下枠ですべって思わぬけがをするおそれがあります。

浴室出入口の下枠には、頭髪や外から持ち込まれる砂などがたまりやすいところです。普段から定期的(週1回~月1回程度)にお手入れをしてください。
また、お手入れの際には、レール角部や小さな隙間等に直に手指が触れないように、清掃用手袋の着用やタオル、浴室用スポンジ等のご使用をお勧めします。

浴室用洗剤を使用した場合は洗剤成分が残らないよう、十分に水で流してから水分をふき取ってください。

浴室出入口の使用を続けていると、磨耗や劣化により開閉時にガタガタする、開閉が重く感じるなどの異常が生じることがあります。
折戸の開閉時に異常を感じた場合は、速やかに建築業者様にご相談ください。


5. 窓についてのご注意

お手入れなどのためにガラス窓をはずした後、再び窓枠に取付けた時は、表示ラベルに従ってはずれ止め部品を必ずかけてください。

はずれ止め部品のかけ方

また、ご使用中、はずれ止め部品がずれることがあります。時々点検してください。はずれ止め部品が正しくかかっていないと、ガラス窓が窓枠からはずれて落下し、人身事故や物損事故につながるおそれがあります。

地板には人が乗ったり、重い物を載せないでください。出窓の破損や転落事故につながるおそれがあります。 特にお子様にはご注意ください。

出窓の屋根に乗ったり、はしごをかけたりしないでください。無理な重さをかけると、変形したり、転落によりけがをするおそれがあります。

窓のそばを通るときは、開いている窓にご注意ください。開いている窓にぶつかり、けがや窓の破損につながるおそれがあります。

具体的な事故例PDFが開きます

引違い窓の下枠を掃除する際は、レールコーナー部(金属端部)に直接触れないようご注意ください。レールコーナー部は、金属端部を滑らかにする加工を施してありますが、手にけがをするおそれがあります。


引違い窓(掃き出し窓タイプ)の出入りの際は、下枠レールコーナー部(金属端部)に足をのせないようご注意ください。レールコーナー部で足にけがをするおそれがあります。

シャッターを閉める際は、開閉位置に手や足を出さないでください。また周りに人や物がないことを確認してください。手や足をはさまれけがをしたり、物がはさまり破損や故障の原因となるおそれがあります。


強風雨時にはシャッターだけではなく内側の窓も閉めて、必ず施錠してください。シャッターの破損による事故や漏水につながります。


窓用シャッターの使用を続けていると、部品の磨耗や劣化により開閉異常が生じることがあります。継続的にご使用していただくために、定期的な点検をお願いします。

上げ下げ窓を開け閉めする際は、引手を持って操作してください。


上げ下げ窓に衝撃が加わるような乱暴な開け閉めは行わないでください。


上げ下げ窓の使用を続けていると、部品の磨耗や劣化により以下のような異常が生じることがあります。

  • いつもと違って窓を開け閉めするときにガタガタする。
  • 窓を開け閉めするときに異音がする。
  • 窓の開け閉めが重たくなった。
  • 開けた窓が固定しにくくなった。
  • 開けた窓が自然に下がる。

このような現象がある場合は窓の使用を中止して、お取扱いの建築会社、施工店、工務店、販売店または当社お客様相談室にお問い合せください。
そのまま使用されますと、上げ下げ窓の落下や事故につながるおそれがあります。
使用を中止する場合は、網戸を下まで下げて窓は閉めて施錠した状態にしてください。

継続的にご使用していただくために、定期的な点検をお願いします。

上げ下げ窓についてのお願い


6. 網戸についてのご注意

お手入れなどのために網戸をはずした後、再び窓枠に取付けた時は、落下防止のため表示ラベル、または以下「網戸の使い方」に記載の着脱方法に従ってはずれ止め部品を必ずかけてください。
また、ご使用中、はずれ止め部品がずれることがあります。時々点検してください。はずれ止め部品が正しくかかっていないと、網戸が窓枠からはずれて落下し、人身事故や物損事故につながるおそれがあります。


落下防止のため、はずれ止めを確実にかけ、網戸取付け後は網戸がはずれないことを必ず確認してください。


網戸の開閉・着脱の際は、周囲に人がいないことを確認のうえ、安全に十分注意して行ってください。

具体的な事故例PDFが開きます


7. エクステリア商品についてのご注意

フラワーボックス(花台)には、絶対にのらないでください。無理な重さをかけると、落下・転落につながるおそれがあります。
また厳しい自然環境にさらされる場合、経年劣化により腐食が促進されるおそれがあります。
(特に、格子などを接続しているリベットは、定期的な点検をお願いします。)

具体的な事故例PDFが開きます

窓手すりには、身を乗り出すなど無理な力をかけないでください。落下・転落につながるおそれがあります。
また厳しい自然環境にさらされる場合、経年劣化により腐食が促進されるおそれがあります。
(特に、格子などを接続しているリベットは、定期的な点検をお願いします。)

具体的な事故例PDFが開きます

フェンスには、手を掛けて身をのり出したり、寄りかかる、足をかけるなど、無理な力をかけないでください。
フェンスは転落防止柵ではありませんので、無理な力をかけるとフェンスが外れ、人の転倒・転落につながるおそれがあります。
また厳しい自然環境にさらされる場合、経年劣化により腐食が促進されるおそれがあります。
(特に、フェンスを柱に接続しているリベットは、定期的な点検をお願いします。)

具体的な事故例PDFが開きます

フェンスに関するお願い

関連商品:パルトナーUD転落防止柵

降雪の際、一定の積雪を超える(※)と商品が破損するおそれがありますので、雪おろしをおこなってください。
※雪の種類により変わることがあります

大雪時の商品に関するお願い


pagetop