YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

安全・安心、快適のポイント

シャッターについてのお願い

シャッターを閉める際には、
周りを十分に確認してから閉めてください。

シャッターを閉める際は、開閉位置に手や足を出さないでください。また周りに人や物がないことを確認してください。手や足をはさまれけがをしたり、物がはさまり破損や故障の原因となるおそれがあります。


電動シャッターを閉める際の注意点

現在販売しているYKK APの電動シャッターには、障害物感知機能が標準装備されていますが、目視での確認も行うようお願いします。

■障害物感知機能

シャッター降下中に障害物にあたり一定の負荷がかかると、自動的に5秒間反転上昇し停止します。
※最下部より5cm未満では障害物を感知しませんのでご注意ください。

商品により異なりますが、障害物感知機能の他にも多くの安全・安心の機能を装備ています。
詳しくは、>商品ラインアップ(雨戸・シャッター) よりご確認ください。

■オートリリース機構

開閉の際に、上限・下限を自動で感知。上限・下限に到達後リリース動作することで、全閉の際の波打ちを軽減します。
※波打ちを完全になくすことを保証するものではありません。

■非常開放機構

停電などの非常時には手動で開けることができます。
※非常時以外では操作を行わないでください。

■ロック機構

シャッターが完全に閉じると自動的にモーターロックがかかります。鍵のかけ忘れもなく、安心です。


さらに手動・電動シャッターを安全・安心にお使いいただくための “ポイント”

  • 強風雨時にはシャッターだけではなく内側の窓も閉めて、必ず施錠してください。シャッターの破損による事故や漏水につながります。
  • 窓用シャッターの使用を続けていると、部品の磨耗や劣化により開閉異常が生じることがあります。
    継続的にご使用していただくために、定期的な点検をお願いします。

修理・メンテナンスのご相談は、お取扱いの建築会社、施工店、工務店または販売店にお問い合せください。


フェンスについてのお問い合せ

窓を考える会社は、窓の安全も考えています。

お客様サポート
  • 一般のお客様
  • マンション等管理組合のお客様
  • アパート経営、管理会社のお客様
  • 施設管理のお客様

お電話でのお問い合せ

お問い合せ全般(お客様相談室)
【一般のお客様】
フリーダイヤル:0120-20-4134
【ビジネスのお客様】
フリーダイヤル:0120-72-4134
受付時間
月曜~土曜 9:00~17:00
(祝日、GW、年末年始・夏期休暇等を除く)

※おかけ間違えのないようお気をつけください。

※ご連絡いただきましたお電話は、確実な対応のため、通話内容を録音させていただいておりますので、予めご了承ください。

※内容を正確に承るため、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。

インターネットでのお問い合せ

お問い合せ全般(お客様相談室)
【一般のお客様】

一般のお客様向け お問い合せフォーム

【ビジネスのお客様】

ビジネスのお客様向け お問い合せフォーム

ご回答および、ご連絡は基本的にEメールにて行いますが、緊急を要する場合や、Eメールが送信できない場合等状況により、電話・FAX・郵便等を用いる事がありますので予めご了承ください。

pagetop