YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

故障かなと思ったら

エクステリア建材


門扉、開き戸


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■扉を開け閉めすると扉がグラグラする。 ヒジツボのネジがゆるんでいる。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■扉を開け閉めすると扉が門柱にこすれる。または当る。 ヒジツボのネジがゆるんでいる。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
門柱が傾いている。
■扉の開閉ができなくなった。 ヒジツボが破損している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
錠が破損している。
ハンドルの内部機構が破損している。
■両開きの左右の扉の上端に段差が出てきた。 門柱または扉側のヒジツボねじがゆるんでいる。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
門柱が傾いている。
■扉を開け閉めすると、きしみ音などの異音がする。 ヒジツボの軸部分が経年劣化によりすりへっている。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■カギがまわしづらい。スムーズにできない、差し込んでもスムーズに操作できない。 カギ穴内部にゴミやほこりが付着した。 カギ、カギ穴のお手入れをしてください。
カギ穴内部が凍結している。(冬季) 無理に解錠しないで解けるまでお待ちいただくか、錠の部分を暖めて溶かしてから解錠してください。
カギが変形している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に新しく正規のカギを手配してください。
■カギが入らない。 カギ穴に異物が詰まっている。 異物を取り除くことが必要です。お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■扉の閉じる速度か変わった。 オートクローザの調整速度がずれた。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■落とし棒が落とし棒受に納まらない。 砂やゴミが落とし棒受につまっている。 砂やゴミを取り除いてください。
落とし棒が曲がっている。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■樹脂キャップが割れた。 はずれた。 経年変化により劣化した。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。

お客様サポートのトップページに戻る

pagetop