YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

故障かなと思ったら

窓・シャッター/耐震補強フレーム


手動シャッター


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■シャッターが動かない。 座板についている錠をロックしたまま操作している。 錠を解錠してから操作をしてください。
シャッターが凍結している。 溶けてから操作をしてください。
座板の操作レバーの奥に砂・ホコリが詰まっている。 詰まっている砂・ホコリを掃除機で吸い出してから操作してください。
■シャッターをスムーズに開け閉めできない。 シャッターボックス内、ガイドレール、スラットに異物がはさまっている。 異物を取り除いてください。困難な場合は、お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ガイドレールに汚れがたまっている。 清掃をしてください。
ガイドレールまたはスラットが変形していたり、さびが発生している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■シャッターを開け閉めする時に異音がする。 シャッターボックス内、ガイドレール、スラットに異物がはさまっている。 異物を取り除いてください。困難な場合は、お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ガイドレールに汚れがたまっている。 清掃をしてください。
ガイドレールまたはスラットが変形していたり、さびが発生している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■ロックできない。 座板についている錠が破損している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
錠受けに砂ボコリや異物が詰まっている。 清掃して砂ボコリや異物を取り除いてください。
■シャッターが全閉または半開の時、左右で垂れ下がり量が違う。 スラットが左右均等に巻き取られていない。 シャッターを閉め、座板の中央付近を持ち、水平を保ちながら開けてください。

お客様サポートのトップページに戻る

pagetop