YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

故障かなと思ったら

窓・シャッター/耐震補強フレーム


電動シャッター


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■シャッターが動かない。 停電している。 他の家電等を確認してください。
連続運転(約5分)をしている。 10~20分間放置してから、再度操作してください。(モーター内部の温度が上昇して保護装置が働き、自動的に停止した状態)
非常開放機構のレバーが上がっている。(スリットタイプ) レバーを下げきってください。
非常開放状態(シャッターを手動で操作できる状態)になっている。(スチールタイプ) 引手を下に引き、通常位置に戻してください。
座板についている錠をロックしたまま操作している。 錠を解錠してから操作をしてください。
シャッターが凍結している。 溶けてから操作をしてください。
座板の操作レバーの奥に砂・ホコリが詰まっている。 詰まっている砂・ホコリを掃除機で吸い出してから操作してください。
■シャッターをスムーズに開け閉めできない。 シャッターボックス内、ガイドレール、スラットに異物がはさまっている。 異物を取り除いてください。困難な場合は、お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ガイドレールに汚れがたまっている。 清掃をしてください。
>関連リンク:お手入れ不足が原因で起こる現象例(動画)別ウィンドウで開きます
ガイドレールまたはスラットが変形していたり、さびが発生している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■シャッターを開け閉めする時に異音がする。 シャッターボックス内、ガイドレール、スラットに異物がはさまっている。 異物を取り除いてください。困難な場合は、お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ガイドレールに汚れがたまっている。 清掃をしてください。
ガイドレールまたはスラットが変形していたり、さびが発生している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
■ロックできない。 座板についている錠が破損している。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
錠受けに砂ボコリや異物が詰まっている。 清掃して砂ボコリや異物を取り除いてください。

【リモコン操作時】


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■シャッターが正常に動かない。 開閉ボタンの押し方が弱い。 再度しっかりボタンを押してください。
リモコン操作が可能な範囲以外で操作している。 電波到達範囲内で操作してください。
電池が弱っている。 新しい電池に交換してください。
電池の向きが間違っている。 正しい向きで電池を取り付けてください。
登録されていないリモコンを使用している。 登録済みのリモコンを使用してください。

【4チャンネルリモコン(オプション)操作時】


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■シャッターが正常に動かない。 チャンネルを選択していない。 チャンネルを選択してから開閉ボタンを押してください。

【タイマーリモコン(オプション)操作時】


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■シャッターが正常に動かない。 現在時刻およびタイマー時刻を設定していない。 正しい時刻を設定してください。
電池交換で現地時刻とタイマー時刻の設定が消えている。
タイマー機能のON/OFFが適正でない。 タイマー操作する場合はONに、操作しない場合はOFFにしてください。

お客様サポートのトップページに戻る

pagetop