YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

故障かなと思ったら

窓・シャッター/耐震補強フレーム


ガラスルーバー窓


現象・兆候

考えられる原因

対処方法
■窓のルーバー(ガラス)が閉まりきらない。 ルーバー(ガラス)の間に異物がはさまっている。 異物を取り除いてください。
ルーバー(ガラス)ホルダーと枠の気密材が強くこすれている。お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ルーバー(ガラス)ホルダーやオペレーター装置が変形したり、すりへったりしている。
■ルーバー(ガラス)の開け閉めがスムーズにできない。 ルーバー(ガラス)ホルダーと枠の気密材が強くこすれている。お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ルーバー(ガラス)ホルダーやオペレーター装置が変形したり、すりへったりしている。
■窓を閉めた状態ですき間風、ホコリが入る。 経年変化により、ルーバー(ガラス)のシール材がはがれている。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
経年変化により、鴨居が下がって柱が傾いたり、上枠が下がったりして枠全体が傾いている。 お取り扱いの建築会社、工務店または販売店に修理依頼をしてください。
■窓を開け閉めする時に異音がする。 アーム部品やオペレーター装置が変形したり、すりへったりしている。 お取り扱いの建築会社、工務店、販売店または当社お客様相談室に修理依頼をしてください。
ルーバー(ガラス)ホルダーと枠の気密材が強くこすれている。

お客様サポートのトップページに戻る

pagetop