ニュースリリース

ループレス化した操作ひもや顔認証によるドアキーシステムなど

4商品が「第15回キッズデザイン賞」を受賞

~ 「キッズデザイン賞」 10年連続受賞で子育てや子どもたちの安全・安心に貢献 ~

企業情報

 YKK AP 株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)の子育て支援、子どもの安全・安心に貢献する4商品が、「第15回 キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、内閣府、消費者庁)を受賞しました。今回の受賞により、2012年から10年連続での受賞となります。

 今回受賞したのは、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門」で高窓・収納網戸用操作ひも「ループレス」の1商品、「子どもたちを生み育てやすいデザイン部門」で有効開口幅を広げることができるリフォーム玄関引戸顔認証で玄関ドアの施解錠ができる「スマートコントロールキー」おうち時間を充実させる「ウチソト空間」を提案するパッケージの3商品です。

 YKK APは、これからも子どもや子育てに配慮し、安全・安心に長くお使いいただける商品を提案していきます。

【受賞概要】

■ 「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門」 受賞商品

① 高窓・収納網戸用操作ひも「ループレス」

高窓用オペレーターや上げ下げロール網戸に使用されている“操作ひも”のループ(輪)をなくし、一本ひも仕様(ループレス)に、2021年4月発売のアルミと樹脂の複合窓「エピソードⅡ」から全面切り替えを進めています。ループレス化の実現により安全性を向上したほか、収納網戸用では従来の仕様と比べ約半分のストローク量(※1)で操作が可能になり操作性も向上しました。

※1:操作ひもの延べ移動量 被験者(成人女性6名)による操作の平均値

<子どもたちの安全・安心に貢献するポイント>

操作ひものループ(輪)を用いない新機構を開発し、操作ひもによる事故リスクを軽減しました。また、引手(ノブ)形状は子どもが遊具と間違えて遊ぶことがないよう配慮したデザインを採用し、高所用窓や網戸商品に標準設定することで安全性を向上させました。また、片手での操作が可能なため、子どもを抱いているなど片手が離せない時でも操作が可能です。

高窓・収納網戸用操作ひも「ループレス」

■ 「子どもたちを生み育てやすいデザイン部門」 受賞商品

② リフォーム玄関引戸「ドアリモ玄関引戸 袖付2枚連動引込み戸」

リフォームにおいて外壁を壊すことなく、出入り間口(有効開口幅)を広げることができる玄関引戸です。約一日で改修できるため、ご家族や近隣への負荷は最小限で新しい玄関引戸にリフォームが可能です。

<子どもたちを産み育てやすいポイント>

引戸は、ベビーカーや車いすを押しながらでも出入りがスムーズで、楽に開閉操作ができる利便性が特長です。「袖付2枚連動引込み戸」は、2枚の障子が連動して引き込まれる3枚建構造にすることで、既設の1間幅の玄関引戸から改修した場合、有効開口幅を約10cm以上広げることができ、より一層ベビーカーでの出入りがスムーズになります。

リフォーム玄関引戸「ドアリモ玄関引戸 袖付2枚連動引込み戸」

③ スマートコントロールキー ~顔認証キー仕様追加~

玄関ドアに搭載している、電気錠とハンドル一体型のドアキーシステム「スマートコントロールキー」に、戸建住宅用玄関ドアでは業界初(※2)の「顔認証キー」仕様を追加し、10月25日より発売します。同時に、スマートフォンを鍵として使用する技術を取り入れ、利便性とセキュリティ性を高めました。

※2:2021年6月22日現在、金属製玄関ドア国内メーカーの電気錠一体型戸建住宅用玄関ドアに関しての自社調べ

<子どもたちを産み育てやすいポイント>

子どもを抱いていたり、荷物を持ちながら子どもと手を繋いでいたりして両手が塞がっている時でも、ドアの前に立ち“顔認証”するだけで施解錠できます。顔認証センサーは、小学校低学年の子どもの認証を可能とする高さに設定しました。また、専用アプリを使ってスマートフォンをカギとして利用することもでき、アプリを起動した状態でポケットやカバンにスマートフォンを入れておけば、取り出さなくても施解錠できます。

スマートコントロールキー ~顔認証キー仕様追加~

④ おうち時間を充実させる「ウチソト空間」パッケージ

限られた場所を有効活用し、窓辺空間を充実させることで、自分らしく“おうち時間”を過ごせる便利で快適な「ウチソト空間」を創造する、窓・エクステリア商品のパッケージ提案です。リビングにつながる窓辺に屋根や囲いをつけることで“内”と“外”をつなぎ、自然を感じる窓辺空間を創造できます。

<子どもたちを産み育てやすいポイント>

子どもでも安心して室内外の出入りができる段差のない下枠フラット形状の窓「エピソードⅡ NEO-B」や、耐久性が高く子どもにも安全なノンホルムアルデヒド素材である再生木を使用した「リウッドデッキ」、雨や花粉の気になる季節でも自然を感じながら趣味や家族との時間を楽しむことができる空間をつくるテラス囲い「ソラリア」により、子どもが安全に遊べ、親が安心して見守れる空間を実現するパッケージです。

おうち時間を充実させる「ウチソト空間」パッケージ

画像はイメージです

【参考情報】

■ キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞は、「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・サービス・空間・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に2007年に創設された顕彰制度です。子ども用にデザインされたものはもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てに配慮されたデザインであればすべてが対象です。
https://kidsdesignaward.jp/

■ 受賞歴

高解像度画像は、以下よりダウンロード頂けます。

ニュースリリース全文をPDF形式でダウンロード頂けます。

ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。
尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

※ここに掲載のニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

ページトップへ