ニュースリリース

すっきりとした意匠の見付タイプ2 種類をラインアップし、市場スタンダードへ

ハンドレールシリーズ「内勾配笠木(うちこうばいかさぎ)仕様」リニューアル発売

~ 外壁の雨垂れ汚れを軽減する高い水切り性能、スリムな意匠性を実現 ~

商品情報

 YKK AP 株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、エクステリア商品のハンドレールシリーズ「内勾配笠木仕様」のフルリニューアルを行い、2022 年4 月1 日から発売します。内勾配笠木の水切り性能の利点を活かしながら、笠木端部のアルミ形状を改良し機能向上を図るとともに、スリムな意匠性を実現した商品です。住宅外観の印象を美しく引き立てながら、外壁の雨垂れ汚れを軽減する内勾配笠木の市場スタンダード化を進めていきます。

 当笠木はバルコニーの腰壁の頂部に取り付けられる仕上げ材です。内勾配笠木は、バルコニーの内側(内観側)に向かって勾配をつけた笠木で、雨水が内観側に流れやすく、外壁への雨垂れによる汚れを軽減します。また、このたびのリニューアルに伴い、笠木の端部を雨水が壁を伝わりにくい水切り形状とすることで、住宅の外観意匠を美しく保つことができます。

 さらに、笠木外観側の見付寸法を従来の75mm から60mm にスリム化し、意匠性を向上します。笠木意匠をよりシャープな印象とすることで、住宅の外観トレンドにマッチし、幅広い外壁デザインにコーディネイトしやすい設計としています。従来仕様の見付寸法に近い70mmタイプも設定し、物件の納まりに合わせて笠木を使い分けることが可能なラインアップとしています。

 施工面においては、これまで当社のエクステリア商品において取り組みを進めているシーリングレス化を導入することにより、施工者の技能に左右されない安定施工を促進し、省施工に貢献します。
 

 YKK AP では、アルミ押出技術を活かし、ハンドレールシリーズの意匠性・機能性・施工性を向上させるとともに、選びやすい体系にリニューアルをすることで、窓・ドア・外壁・その他エクステリア商品と最適にマッチする住宅外観やバルコニー空間を演出し、「建物と外構のトータルコーディネイト」を促進します。

【商品特長】

1.水切り構造
笠木の端部から流れる雨水が壁を伝わりにくい水切り形状へ改良。流れ落ちる雨水が垂直に落下する形状とすることで、雨垂れによる外壁汚れが発生しにくくなるように配慮し、住宅の外観意匠を美しく保つことができます。

2.スリム化による意匠性向上
外壁側の見付寸法を75mmから60mmにスリム化しました。それにより、外壁上部の笠木部分がよりすっきりとした印象となり、幅広い外観デザインにマッチする意匠となっています。また、笠木の勾配形状を見直し、躯体との十分な掛かり寸法を確保しています。さらに、従来仕様の見付寸法に近い70mmタイプも設定。物件での納まりに合わせて笠木を使い分けることが可能なラインアップとしています。

3.選びやすく分かりやすい価格体系
内勾配笠木仕様リニューアルに伴い、価格設定を見直し、現行の平笠木仕様と同価格帯としました。価格面のメリットで平笠木仕様を採用していたケースでも、同等の予算で内勾配笠木を選択することが可能となります。

【商品概要】

商品シリーズ名 エルビュート ハンドレール、ルシアス ハンドレール、シャローネ ハンドレール
シンプレオ ハンドレール、ベースレール
(シンプレオ ハンドレールとベースレールの見付60mm タイプは、2021 年10 月から先行発売済)
施工対象 木造在来工法、2×4 工法 3 階まで
参考価格
(※1)
商品シリーズ名:ルシアス ハンドレール(横格子、ワイド手すり、木調色)
サイズ:手すり高さ900mm、笠木幅250mm  122,500 円/m
発売地域 全国
発売日 2022 年4 月1 日
売上目標金額 2022 年度:21 億円(内勾配笠木リニューアル仕様全体)

※1:参考価格は、部材標準販売価格です。消費税、現場搬入費、組立施工費等は含まれません。

 

<商品サイト>:シンプレオ シリーズ/ハンドレール
https://www.ykkap.co.jp/business/products/exterior/simpleo-handrail
※詳細ラインアップ、カラーバリエーション、商品特長の詳細を掲載しています。

高解像度画像は、以下よりダウンロード頂けます。

ニュースリリース全文をPDF形式でダウンロード頂けます。

ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。
尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

※ここに掲載のニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

ページトップへ