YKK AP

エクステリア事業

暮らし心地の良くなる空間提案

「家」と「庭」を一体で考えた商品展開で、新しい価値を創出します。
家族ごとのライフスタイルや敷地をトータルコーディネイトできる外構商品を提供しています。

主な商品

バルコニーまわり

カーポート

門扉・フェンス

テラスまわり

外装材

事業の強み

  • 建物と外構のトータルコーディネイト提案力
  • 外構、建物での快適性、庭空間の提案型商品による市場創造
  • 高級・中級・普及タイプへの商品体系整備による選びやすさ

課題

  • 専門拠点・専任営業・開発人員の拡大による販売強化
  • 需要地に対応した製造供給体制構築によるコスト競争力強化
  • パブリックエクステリア商品・営業力強化による事業領域拡大

注力テーマ

  • ハウスメーカー・ホームビルダーへの家一棟トータルコーディネイト「建物+外構」提案強化
  • エクステリア代理店チャネル営業力強化による外構商品販売拡大
  • 商品・チャネル別製造供給体制最適化によるコスト競争力強化

2020年度の状況

エクステリア市場は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の低迷や、2020年度の消費増税前駆け込み需要拡大の影響により、上半期の市場は前年を大きく下回りました。下半期は、消費増税後の反動減からの回復影響、大都市圏以外の感染状況の安定化などにより経済活動は徐々に回復し、お客様の消費意識向上もあり、下半期の市場は前年をやや下回る状況までに回復しました。しかし、年間市場は前年を大きく下回りました。エクステリア事業は商品力と提案力による販売強化が奏功し、売上高は市況に対しては大きく上回りましたが、前年比97%となりました。

中期重点施策

エクステリア事業では、第6次中期経営計画において「建物と外構のトータルコーディネイト提案による販売強化」を方針として、販売チャネルに対応した組織・体制を強化します。
新築・外構・リフォーム分野では建物と外構のトータルコーディネイト提案を増販につなげるため、既存の販売チャネルの整備を徹底し、販売を強化します。また、新たに「プランニング統括部」を設置し、分譲物件を中心に街並みも含めた“まるごとデザイン”による提案力強化を図ります。2020年度より展開を始めたビルガーデンエクステリア分野についても、多くの人が利用するオフィスビル、集合住宅や工場、倉庫などの外構商品の展開を進め、さらなる事業拡大に取り組みます。商品力・営業力の強化により、エクステリア事業をさらに成長させていきます。

トップコミットメント

私たちは、エクステリア事業を通してお客様と社会に「健康・快適」「省エネ」「創エネ」「安全・安心」を提供しています。その中で、緑化を後押しする植栽と馴染む独自の外構商品や、木粉とポリプロピレンを主原材料とし、リサイクル可能で地球環境にやさしい素材を使用した住まい手の健康に配慮したノンホルムアルデヒド商品、日差しを遮り室内温度を快適にし、節電・省エネ効果を高める商品など、環境に配慮した商品の開発や普及を進めています。
今後も社会課題を解決し、お客様の価値を生み出す商品の開発に力を注ぎ、社会価値を提供します。

上席執行役員
エクステリア本部長

篠塚 正人