YKK AP

ビル事業

美しく機能的な都市空間の創造

オフィスビルやマンション、医療施設などのファサードデザインや省エネに寄与する高付加価値化に応え、
都市の景観形成と持続可能な社会の実現に貢献します。

主な商品

ビル用ウインドウ

カーテンウォール

ビル用エントランス

集合住宅用窓・ドア

改装商品

事業の強み

  • ビル用ウインドウ、カーテンウォールなど、長くユーザーに認められる高い商品力
  • 全国に張り巡らされた販売網による営業力と提案力
  • 高難度物件への対応を可能とする技術力

課題

  • 人口減、自然環境、社会環境等の影響によるマーケット変化への対応
  • 技能労働者の高齢化による人手不足
  • 事業領域の拡大

注力テーマ

  • 「断熱」「防火」「防災」「安全」「換気」「非接触」などマーケットニーズを捉えた商品・サービスの開発・投入
  • 供給(リードタイム)競争力強化、さらなる品質向上の継続的取り組み
  • 既存事業のさらなる拡大、新規事業への取り組み

2020年度の状況

ビル建築市場(非木造建築着工床面積)は2019年度に続き、2020年度も新型コロナウイルスの影響により前年比90%で、集合住宅・非居住物件共に大幅に減少しています。売上高も同じく新型コロナウイルスの影響で、計画案件の延期や中止、現場工程の進捗が遅延したことも併せ前年から減少しましたが、前年比94%でした。
コロナ禍において求められる非接触型営業とし、WEB展示会の開催、オンラインを活用した新商品研修会や個別物件提案営業等を推進しました。また、オンライン発注商品の拡充、リードタイム短縮と供給面での競争力強化を実現しました。

中期重点施策

ビル事業では、第6次中期経営計画において「さらなるシェアアップ」「収益力強化」を目指します。「提案のきっかけづくりの場」として、レディメイド商品提案の場「AZ five TOKYO」やオーダー・カスタムメイド商品提案の場「PROPOSAL 8th」、WEB展示会などを活用し、新築・改装問わず営業接点を強化します。改装分野では「換気」「非接触」のニーズに対応し、改装組織の統合効果によるさらなる提案強化により改装市場を創造します。
商品展開では、集合住宅における個別防火商品の充実、非居住物件における外装意匠の提案力向上と個別防火商品の仕様・サイズ拡充を、改装向けには集合住宅の断熱改修提案力の向上を図ります。
一方でモノづくり改革によるコスト競争力強化、リードタイム短縮などの供給体制整備も進め、製販技一体となり事業競争力を強化します。

トップコミットメント

用途・部位・使用環境の異なるビル建築に対し、品質にこだわり、長く「安全・安心」に使える商品・技術・施工を高品質で提供し、建物の価値向上に貢献することが私たちの使命です。人口減、自然環境、社会環境等の影響により変化する顧客ニーズにも新たな商品・サービスの提供により、顧客満足度向上につなげていきます。さらに人手不足が課題の建設現場では、YKK APグループ施工協力会とともに、「YKK AP施工技能修練伝承塾」により若手技能者の育成を進めるとともに、省施工商品・工法の開発などにより業界全体の社会課題解決に貢献します。

上席執行役員
ビル本部長

瀬口 裕之