YKK AP

海外AP事業

それぞれの国や地域に根差した事業を展開

窓やドア、カーテンウォールなどの建築用プロダクツに求められるものは、それぞれの国や地域の気候や文化によって異なります。1976年、シンガポールに初の海外会社を設立して以来、それらのニーズに応える商品やサービスを届けるため、現地に根差した事業運営を行っています。2020年度には11カ国/地域 16社の海外会社を再編。資本と事業運営をYKK APに統一することで、より一層のスピードを持った経営を推進します。「土地っ子になれ」と話したYKK創業者 吉田忠雄の想いを胸に、日本で培ったモノづくりの力を、世界で展開しています。

YKK AP FACADE社 YKK AP FACADEシンガポール社 YKK AP FACADEベトナム社 YKK APアメリカ社 エリーAP社 エリーAP USA社 YKK AP大連社 YKK AP蘇州社 YKK AP中国投資社 YKK AP中国社 YKK AP台湾社 YKK APインドネシア社 YKK APタイ社 ボルーカ社
  • YKK APアメリカ社YKK AP AMERICA INC. アルミ建材・樹脂建材およびカーテンウォール関連商品の設計、
    製造(押出、表面処理を含む一貫生産)、販売
  • エリーAP社ERIE ARCHITECTURAL PRODUCTS INC. ユニットカーテンウォールの設計、製造、販売
  • エリーAP USA社ERIE ARCHITECTURAL PRODUCTS USA, INC. ユニットカーテンウォールの販売
  • YKK AP中国投資社YKK AP (CHINA) INVESTMENT CO., LTD. 中国AP事業の統括
  • YKK AP大連社DALIAN YKK AP CO., LTD. 樹脂建材関連商品の製造(押出を含む一貫生産)、販売
  • YKK AP中国社YKK AP CO.,LTD. アルミ建材関連商品の製造(押出を含む一貫生産)、販売
  • YKK AP蘇州社YKK AP(SUZHOU) CO., LTD. 建材用部品の製造、販売
    アルミ建材およびカーテンウォール関連商品の製造、販売
  • YKK AP香港社YKK AP HONG KONG LIMITED カーテンウォール関連商品の設計、施工、販売
  • YKK AP台湾社YKK AP TAIWAN Co., Ltd. アルミ建材およびカーテンウォール関連商品の設計、製造、施工、販売
  • YKK APインドネシア社PT YKK AP INDONESIA アルミ建材およびカーテンウォール関連商品の設計、製造(押出、表面処理を含む一貫生産)、販売
  • YKK APマレーシア社YKK AP MYS SDN.BHD. アルミ建材関連商品の設計、販売
  • YKK APタイ社YKK AP (THAILAND) CO.,LTD アルミ建材関連商品の設計、販売
  • ボルーカ社Bhoruka Extrusions Private Limited アルミ建材関連商品の製造、販売
  • YKK AP FACADE社YKK AP FACADE PTE. LTD. ファサード事業の統括
  • YKK AP FACADEシンガポール社YKK AP SINGAPORE PTE LTD カーテンウォール関連商品の設計、施工、販売
  • YKK AP FACADEベトナム社YKK AP FACADE VIETNAM COMPANY LIMITED カーテンウォール関連商品の設計、施工、販売

事業の強み

  • 米国、中国、アジア地域を中心に11カ国/地域でのグローバルな事業展開
  • 進出国/地域の気候・風土・文化に合わせた商品開発と現地製造・販売体制
  • 日本からの技術・製造支援体制

課題

  • 日本のヘッドクォーター機能におけるグローバル対応力(コンプライアンス、リスク管理、ガバナンス)
  • 成長する中国・アジア市場でのビジネスモデルのさらなる確立による販売・顧客リレーション・業務プロセスの強化
  • 現地マネジメント層の採用・育成・強化プログラム構築による安定して継続成長できる経営体制の構築

注力テーマ

  • 米国での既存事業のさらなる拡大と新規事業領域の創出
  • 中国でのコスト構造改革による中高級市場への参入
  • 台湾、ASEAN、南アジア地域でのビジネスモデルの再構築と新規チャネル開拓によるさらなる成長

2020年度の状況

事業運営は、全体的に新型コロナウイルスの影響を強く受けました。米国では、ビル建材は市場が大幅に低迷しましたが、住宅建材は着工戸数の増加により過去最高の売上を更新。中国では、影響が早期に収束したものの、ターゲットの超高級不動産市場が低迷したため、概ね前年並みの実績となりました。台湾では高級住宅市場でシェアを回復しましたが、人手不足による現場遅延により販売は前年を若干下回りました。アジア地域の住宅市場も非常に厳しい状況でしたが、海外全体の売上高はカナダのエリーAP社の販売が寄与するなどして、前年比100%となりました。

中期重点施策

2021年度、北米・アジアは新型コロナウイルスの影響、中国はターゲットの超高級不動産市場が低迷したことにより、不透明な状況が続くと見込まれています。そんな中、第6次中期経営計画では、「販売1000億円を目指した成長戦略の推進」を掲げて取り組みます。北米・中国を軸とした成長に加え、アジアの事業拡大や新規市場の開拓、新規事業の推進に取り組み、同時に海外事業を支える人材の育成に注力していきます。
また、海外会社の資本再編・事業運営体制の変更に伴い、管理部門と連携して、YKK APのグローバルガバナンス体制の整備を進めます。事業推進面では、海外会社の製造供給体制の構築に向けて生産本部、新規ターゲット市場向けの新商品の開発に向けて開発本部とそれぞれ連携することで、海外会社の事業スピードを向上させるべく取り組んでいきます。

トップコミットメント

現在、11カ国/地域で事業展開し、4,000人を超える社員を抱えるまでに成長してきました。それぞれの国や地域の気候や文化、ニーズに合わせた商品をお客様に届けるため、各地域に製造拠点、商品開発機能を持たせ、地域のニーズにあった商品を開発・製造・販売しています。例えば、YKK AP R&Dセンター(インドネシア)では東南アジアを中心とした蒸暑地域の気候風土・建築に適した開口部や、パッシブデザインを研究しています。こうして得られた成果を商品に反映し、開口部を通じてより多くの人々の住環境改善という社会価値を提供します。

執行役員
国際事業部長

小野寺 哲也