YKK AP

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

樹脂窓のチカラ新しい価値の創造

健康でローエネな暮らし

 YKK APでは、2009年度に高い断熱性能と洗練されたデザイン性を合わせもつ樹脂窓「APW 330」を、2014年度に世界トップクラスの断熱性能を実現した「APW 430」を発売し、パッシブハウスなどの高断熱住宅にも対応する、より高い次元での「小エネ(ローエネ)な暮らし」の提案を進めました。
 トリプルガラスを採用した「APW 430」シリーズは、主に北海道を中心とした寒冷地の住宅の高断熱化に対応してきましたが、2019年3月には、全国での更なる断熱性向上をけん引するべく、“引違い窓”をラインアップに追加しました。
 「APW」樹脂窓シリーズを中心とした高性能・高付加価値な商品の開発・提供を継続することで、持続可能な社会の実現と、樹脂窓の更なる普及を図ります。

世界トップクラスの樹脂窓「APW 430」

APW430-高性能トリプルガラスを採用した、世界トップクラスの樹脂窓。

世界トップクラスの断熱性能。熱貫流率 U値:0.91※を実現。

詳細情報はこちら

高性能

詳細情報はこちら

機能性

詳細情報はこちら

デザイン

詳細情報はこちら

環境報告書2019